任意整理 転職

借金の返済が苦しくなると、任意整理や自己破産など債務整理をすることで合法的に借金を減らして、借金から解放されます。

中でも任意整理は整理後の影響が少なく、半分以上の人が任意整理を選択しています。

任意整理後の影響として、転職や就職ができるのか気になる人もいると思いますので、任意整理が転職や就職活動にどのような影響があるのか見ていきたいと思います。

任意整理後に転職や就職はできる?

任意整理 転職

任意整理後に転職や就職はできるのか?

結論から言うと、任意整理をしたかどうかには転職・就職には影響なく、問題なく転職することができます。

任意整理をすると、信用情報機関に異動情報が登録されることになり、俗に言うブラックリスト入りすることになりますが、信用情報機関の情報は金融機関など利用者にお金を貸す信用取引を行う会社のみ参照することができます。

一般企業が他人の信用情報を参照することはできませんので、就職に影響が出ることはありません。

履歴書に債務整理や借金歴を書く欄もありませんので、特に申告する必要はありません。

自己破産の場合は一部つける職業に制限がかかりますが、任意整理には職業の制約もありませんので、任意整理の影響を考えることなく転職活動をすることができます。

また、任意整理をしたからと言って、会社をクビになることもないので心配ありません。


消費者金融や銀行に転職活動する場合

任意整理 転職

また、プロミスやアコムといった金融機関に転職活動をする場合も、金融機関は就職希望者の信用情報を調べることはできませんので、金融機関に転職したい人も転職活動に影響が出ることはありません。

ただし、プロミスやアコム、三菱東京UFJ銀行カードローンなど、直接利用をして任意整理の対象とした金融機関に転職しようとしている場合は、各社が持つ自社ブラックリストをチェックしている可能性がありますので転職活動に影響が出る可能性があります。

採用の条件に自社のブラックリストに入っているかチェックしているかは、各金融機関の方針にもよりますが、影響する可能性がないとはいえませんので注意が必要です。

任意整理した金融機関に転職しようとするのは、かなりのレアケースだと思いますので、基本的には任意整理をしても転職や就職には影響がないと言って良いでしょう。


任意整理後に転職する際の注意点

任意整理 転職

任意整理後に転職する場合、注意したいのは転職後も任意整理の返済を継続することができるかどうかです。

上述した通り、転職活動自体には問題ありませんが、転職して大きく収入が落ちる場合、任意整理の返済に支障をきたすことも考えられます。

任意整理の返済を滞納してしまうと、一括請求されたり、弁護士に辞任されたりとかなり追い込まれることになりますので、任意整理の返済を滞らせるのは絶対に避けないといけません。

転職しても任意整理の返済を続けていくことができるかは、転職活動をする際に注意する必要があります。


任意整理中に転職活動できる?

任意整理 転職

任意整理の手続き中に転職活動をすることはできるでしょうか?

こちらも特に問題なく転職活動をすることができます。

任意整理の手続き中の場合、転職先の企業だけでなく、任意整理で借金の減額交渉をしている債権者についても気にする必要があります。

任意整理では、各金融機関と借金の利息をカットして、返済期間を3年から5年かけて返済する形で交渉するのが一般的です。

任意整理後も返済が続くことになるので、収入がなくなると返済不能に陥り、債権者としても減額交渉に応じづらくなります。

任意整理 転職

とはいえ、転職活動によって一時的に無職になるだけであれば問題ありませんし、転職活動で会社が決まってから現在の勤務先を退職する場合は無収入、無職となる期間も発生しないため、債権者との交渉にも影響ありません。

任意整理の交渉をするのは弁護士など専門家になりますので、借金問題に強い弁護士に依頼すれば、任意整理中に転職活動をしても影響のないようにうまく交渉をまとめてくれます。

転職活動のやり方(無収入期間を作らないなど)についてアドバイスもくれますので、転職活動を考えている人は、まずは借金について弁護士に相談をして、任意整理中に転職活動したいと最初から相談しておくと何かとスムーズです。

転職活動に限らず、借金問題に強い弁護士は日々多くの相談を受けていますので、借金に直接関係のない要望についても考慮してくれます。

無料相談できる弁護士事務所を探す

ただし、転職によって収入が大幅に落ち、任意整理の返済が難しくなってしまう場合には、自己破産や個人再生を検討しないといけなくなってしまうため、転職後の収入については注意する必要があります。


任意整理は転職後にした方が良い?

任意整理 転職

これまでは任意整理をした後に転職活動ができるか見てきました。

それでは転職活動と任意整理の両方を検討している場合、どちらかを先に行ったほうが良いなどはあるでしょうか?

結論から言うと、任意整理は転職前にしても転職後にしてもどちらが有利ということはありません。

転職をして、ある程度収入が見えている状態で任意整理手続きをするのも良いですし、まずは借金を整理して落ち着いてから転職するでも良いと思います。

仕組み上やルール上は何も影響がありませんので、収入面や精神的なストレスなどを考慮して決められるのが良いでしょう。

ただ、自分の借金状況で任意整理をすべきなのか、自己破産をすべきなのかは専門家に聞いた方が良いですし、それによって債務整理後の生活に様々な影響が出ます。

まずは専門家に借金問題を相談して、自分の希望などを伝えた上で何をいつすればよいかを決めていくのが良いです。

債務整理は弁護士など専門家に依頼することになりますし、借金問題に強い弁護士事務所では無料相談全国対応24時間いつでも受付しています。

無料相談できる弁護士事務所を探す

相談する分には無料ですので、まずは相談してみてください。

任意整理 転職

自分の借金がいくら減るか、無料匿名40秒ほどでシミュレーションすることもできますので、無料シミュレーションも利用してみてください。

借金がいくら減るか無料診断してみる


まとめ

任意整理 転職

任意整理をした後に転職や就職はできるか、影響や制約を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 任意整理後も転職することができる
  • 任意整理手続き中も転職することができる
  • 整理対象にした金融機関への転職は難しい場合がある

任意整理をすると、信用情報機関にブラック登録されることになりますが、一般企業は信用情報機関の情報にアクセスすることができないので、転職活動に影響することはありません。

同様に任意整理手続き中もそれが転職活動先の企業にバレることはないので、転職活動に影響はありません。

転職することで収入が大幅に減り、任意整理の返済が難しくなると影響がありますが、任意整理の返済に影響がなければ何も問題ありません。

ただ、整理対象にした金融機関そのものに就職しようとする場合は、自社ブラックリストを参照して採用活動をしている可能性がありますので、影響が出る可能性があります。

任意整理と転職活動を並行して行うこともできますが、影響範囲を確認するためにまずは弁護士に無料相談して、自分の借金がどれくらい減るのか、自分にどんな選択肢があるのか確認してから転職活動をするのがおすすめです。

無料相談できる弁護士事務所を探す

借金問題を先に片付けた方が精神的にも楽ですからね。


債務整理でいくら借金が減るのか?今すぐ無料診断

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーター

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーターは、簡単な項目の入力で借金がいくら減らせるかシミュレーションすることができます。

無料匿名40秒ほどの入力で利用することができ、自分の状況にあったおすすめの法律事務所を見つけることもできます。

全国対応で24時間相談受付中。解決率は80%です。

今すぐ無料診断してみる



おすすめの法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所※旧樋口総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所は、豊富な相談実績と丁寧な対応が評判の借金問題解決のプロフェッショナルです。

月に600件以上の相談実績があり、借金問題に関する経験とノウハウが豊富で、債務整理の際は信頼できるパートナーになります。

全国対応無料相談も実施していますので、借金問題に悩んでいる人はまず相談してみてください。

弁護士法人サンク総合法律事務所へ



東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所は、相談だけなら何度でも無料になっていて、土日祝日も相談対応しています。

借金問題を10,000件以上も解決してきた実績のある、経験やノウハウが豊富な弁護士事務所です。全国対応で出張面談を必ず行ってくれるので、地方の人でも安心して相談できます。

借金問題に強い弁護士でありながら、弁護士費用が相場よりも安い点も嬉しいポイントです。

東京ロータス法律事務所へ