任意整理 内緒

「任意整理で借金を減らしたいけど、家族や会社には内緒で任意整理をしたい」

こう考える人は多いです。会社には借金の問題は知られて良いことはありませんし、家族にも内緒で債務整理したい人は多いと思います。

自己破産だと家族に内緒で手続きするのが難しい面がありますが、任意整理であれば家族にも会社にも内緒で手続きすることができます。

任意整理は家族や会社にも内緒でできるのか、また任意整理をしたことがバレてしまうのはどのようなケースがあるのか見ていきたいと思います。

任意整理は家族に内緒でできる?

任意整理 内緒

まず、任意整理は家族に内緒でバレずに行うことができます。

家族に債務整理の手続きをしていることがバレるのは、裁判所からの書類が届いたり、持ち家を手放さざるを得ないなど実生活に影響が出てしまうケースです。

任意整理の手続きは裁判所を通さずに、債権者と個別に交渉をして利息カットや借金の減額に合意する手続きです。

裁判所を通さないので、裁判所から書類が届くことはありませんし、交渉を弁護士など専門家に依頼すれば、債権者から自分宛てに書類が届くこともなくなります。

任意整理 内緒

債務整理は弁護士などと委任契約を結ぶことになり、委任契約を結ぶと弁護士から債権者へ「受任通知」という通知が送られます。

受任通知は依頼者が債務整理の手続きを開始し、弁護士が代理人となること受任したと告げる書類で、以降は債権者は債務者本人に取り立てをすることが禁止されているので、督促のはがきなどもすぐにストップします。

また、自己破産では一定額以上の財産を持つことができず差押えになりますが、任意整理では家や車が差押えになることもなく、債務整理後の生活にもほとんど影響なく手続きを進めることができます。

ですので、任意整理は家族に内緒で行うことができます。


任意整理が家族にバレるケース

  • 家族が保証人になっている
  • 債権者に訴訟を起こされた場合

家族が保証人になっている

任意整理 内緒

上記以外で任意整理が家族にバレるケースとして、家族が保証人になっているケースがあります。

任意整理をはじめとした債務整理を開始すると、債務者本人の取り立ては止まりますが、保証人への取り立ては認められているため、保証人がいる場合、債権者は保証人に弁済の請求をすることになります。

家族が保証人になっていると、この請求がいってしまうため、債務整理をしていることがバレます。

ただ、任意整理は整理対象を選ぶことができるので、一部の借金を整理対象から外すことができます。

そうすることで、整理対象から外した借金は返済し続ける必要がありますが、保証人に請求がいくことがないので家族バレを避けて内緒で手続きを進めることができます。


債権者に訴訟を起こされた場合

任意整理 内緒

債権者に訴訟を起こされた場合も家族にバレる可能性が高くなります。

任意整理の手続きを始めると、債権者からの取り立てはすぐに止まりますが、任意整理はあくまで債権者と個別に交渉を行うもので、交渉がうまくいかなくなると債権者から債権回収の訴訟を起こされることがあります。

訴訟が提起されると裁判所から自宅へ訴状が郵送されたり、裁判で負けると給与の差押えなどがされる場合もあり、家族にバレる可能性が高くなります。

このような訴訟を起こされないよう、任意整理の交渉は経験豊富な弁護士に依頼する必要があるといえます。

任意整理 内緒

借金問題に強い弁護士に相談して依頼すれば、相談時に「家族にも会社にも絶対にバレたくない」と伝えることで希望に沿って手続きを進めてくれますし、注意点などもきちんと説明してくれます。

家族や会社に内緒で手続きしたいというのは多い要望で、債務整理の経験や実績豊富な弁護士事務所であるほど、家族や会社にバレないようにうまく対応してくれます。

必ず借金問題を専門に近い形で扱っている弁護士事務所に相談するようにしましょう。

借金問題に強い弁護士事務所ほど、無料相談を積極的に受け付けていたり、全国対応が可能になっているので、まずは無料相談されることをおすすめします。

無料相談できる弁護士事務所を探す


任意整理は会社に内緒でできる?

任意整理 内緒

また任意整理は会社にも内緒でバレずに行うことができます。

任意整理の手続きをはじめると、受任通知が送付され債権者は債務者本人に直接取り立てをすることができなくなります。

そのため、会社に取り立てがきたり、電話がかかってくることもありません。(そもそも大手消費者金融であれば、まず職場への取り立てはありません。)

また、任意整理は裁判所を通さずに債権者と個別交渉をすることになるので、裁判所への書類も準備する必要がなく、職場にバレる心配はまずありません。

個人再生や自己破産の場合、裁判所へ資産状況を報告する必要があり、退職金の残高など必要な書類が出てきますし、会社や共済から借金がある場合には債務整理をする旨が裁判所から会社に通知がいくことになります。

任意整理はまず会社にバレずに内緒で行うことができるでしょう。


銀行系カードローンを整理する人は給与振込口座に注意

任意整理 内緒

会社バレではありませんが、任意整理をする際に注意しておきたいのは給与振込口座です。

銀行系カードローンで借入をしていて整理対象とする場合、その銀行の口座が凍結されたり、借入残高と預金残高を相殺されたりする可能性があります。

対象の口座を給料の振込口座としていると、口座から給料が引き出せなくなり、面倒なことになります。

会社バレや家族バレにもつながりますので、給与振込口座の銀行を整理する予定の人は、あらかじめ給与振込口座変更の手続きをしておくなど対策を講じる必要があります。

この辺りも借金問題に強い弁護士であればアドバイスしてくれるので、相談をして指示に従いましょう。

無料相談できる弁護士事務所を探す


まとめ

任意整理 内緒

任意整理は家族や会社に内緒でできるのか見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 任意整理は家族に内緒でできる
  • 任意整理は会社に内緒でできる
  • 内緒で任意整理を行うには専門家の協力が必要

任意整理は家族にも会社にも内緒で手続きできます。

自己破産や個人再生を行うと、会社はともかく家族に内緒で行うのはかなり難しいので、任意整理は家族にも会社にも内緒でできる唯一の債務整理の方法といって良いでしょう。

ただし、任意整理でも家族や会社にバレる注意すべきポイントがいくつかあります。

また、取り立てを止める必要もあるので、弁護士など専門家への依頼は必須といえます。
(弁護士が介入すると取り立てはすぐに止まります。)

任意整理 内緒

借金問題に強い弁護士事務所では無料相談を行っていますので、まずは無料相談をしてみるのが良いでしょう。

無料相談できる弁護士事務所を探す

自分の借金がいくら減るか、無料匿名40秒ほどでシミュレーションすることもできます。

借金がいくら減るか無料診断してみる

債務整理でいくら借金が減るのか?今すぐ無料診断

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーター

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーターは、簡単な項目の入力で借金がいくら減らせるかシミュレーションすることができます。

無料匿名40秒ほどの入力で利用することができ、自分の状況にあったおすすめの法律事務所を見つけることもできます。

全国対応で24時間相談受付中。解決率は80%です。

今すぐ無料診断してみる



おすすめの法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所※旧樋口総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所は、豊富な相談実績と丁寧な対応が評判の借金問題解決のプロフェッショナルです。

月に600件以上の相談実績があり、借金問題に関する経験とノウハウが豊富で、債務整理の際は信頼できるパートナーになります。

全国対応無料相談も実施していますので、借金問題に悩んでいる人はまず相談してみてください。

弁護士法人サンク総合法律事務所へ



東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所は、相談だけなら何度でも無料になっていて、土日祝日も相談対応しています。

借金問題を10,000件以上も解決してきた実績のある、経験やノウハウが豊富な弁護士事務所です。全国対応で出張面談を必ず行ってくれるので、地方の人でも安心して相談できます。

借金問題に強い弁護士でありながら、弁護士費用が相場よりも安い点も嬉しいポイントです。

東京ロータス法律事務所へ