借金返済 差押え バレる

借金の返済を滞納していると、債権者に訴訟を起こされ裁判となり、最悪の場合は給与の差押えをされてしまいます。

差押えをされた場合はすぐに家族や会社に借金の存在がバレてしまうのでしょうか。

差押えまでの流れや差押えによる各所への影響を見ていきたいと思います。

借金滞納から差押えまでの流れ

借金返済 差押え バレる

まず、借金を滞納してから給与など財産を差押えされるまでの流れを見てみましょう。

借金を滞納すると、債権者からはすぐに督促のはがきや電話が届きます。

それでも借金の滞納が解消されない場合、債権者は一括請求の手続きをとり、借入残高や利息、遅延損害金を一括で返済するように求められます。

一括請求の金額はかなりの金額に膨れ上がっているので、返せない人がほとんどでしょう。

一括請求も無視するといよいよ債権者は訴訟の手続きを取り、裁判となります。

裁判で負けると、裁判所から支払い命令が出て、給与や財産の差押えを受けることになります。

厳密には債権者側で債務名義の公正証書を作成して、債権差押命令の申立書を提出後に裁判所から債権差押命令が送付されることになりますが、基本的には訴訟を起こされ裁判になると、給与や財産の差押えを受けることになります。

このように、給与の差押えを受けるのは借金滞納の最終段階ともいえ、訴訟になったら給与差押えがあるかもしれないと覚悟しないといけません。


差押えで家族に借金はバレる?

借金返済 差押え バレる

気になるのは差押えがあった時に家族職場にバレるのかどうかです。

まず、家族については必ずしもバレるとは言えませんが、様々な理由でバレる可能性が高いです。

給料が差押えされても、家計を自分で握っていれば生活は苦しくなりますが、生活費をきちんと渡してバレないケースもあります。

ただし、預金通帳や残高を見られたり、給与明細を見られると給料の振込額が減っていてバレる可能性があります。

借金返済 差押え バレる

また、給与以外に差押え対象となる財産には、預貯金保険不動産などがあります。

預貯金はなくなってもバレないケースはあるかもしれませんが、ふとした時に預貯金を確認した時にバレるリスクは常につきまといます。

さらに保険については解約や保険金の支払いの時に保険金の支払いがされないことになり、いつかはバレます。

マイホームについては差押えとなると競売にかけられ、住み続けることが難しくなるのでまず隠し通すことは難しいです。

このように、財産の差押えを受けると家族にまったく知られずに隠し通すことは難しく、差し押さえされる財産にもよりますが、かなりの確率でバレると言って良いでしょう。

財産をあまり見る機会のない子供はともかく、配偶者に隠し通すのはかなり難しいと言えます。


給与差押えで会社に借金はバレる?

借金返済 差押え バレる

次に差押えをされた場合に会社にバレるかどうかですが、結論から言うと給料や退職金が差押えの対象になった場合はバレます。

給料や退職金が差押えの対象になると、裁判所から勤務先へ債権差押命令が送付されます。

裁判所は本人だけでなく第三債務者という、財産を支払ったり預かっている先へも差押え命令通知を送ることになっており、給料や退職金の差押えに関しては第三債務者は勤務先の会社となります。

ですので、裁判所から勤務先へ債権差押命令が送付され、すぐに勤務先に借金の存在がバレてしまいます。

ただし、差押えの対象が給料や退職金ではなく、預金や生命保険のみの場合には会社に債権差押命令はいきませんので会社にバレる可能性は低くなります。


債権者の取り立てで会社にバレることはある?

借金返済 差押え バレる

なお、会社にバレるかという意味では、貸金業者が会社に取り立てに来て、会社に借金の存在がバレないか不安な人も多いと思います。

貸金業法で勤務先への取り立ては基本的に禁止で、勤務先以外に一切連絡がとれないなど、正当な理由ややむを得ない理由がないと勤務先に取り立てに行ってはいけないことになっています。

多少返済を延滞していても、債権者からの電話に出ていたり連絡が取れる状態でいれば、勤務先に取り立てが来て会社にバレることはまずないので安心して良いです。

ヤミ金の場合はそもそもが違法業者ですので、貸金業法を守ることもありません。

いつ勤務先に取り立てが来るかもわかりませんので、早めにヤミ金専門の弁護士に相談しましょう。

ヤミ金問題に対応するおすすめの弁護士事務所、司法書士


差押えをされた後、される前にすべきこと

借金返済 差押え バレる

差押えされた時に家族や会社にバレるかを見てきました。

差押え対象の財産によって必ずしもバレないケースはあるものの、家族や会社にバレる可能性もあり、できれば差押えを受ける前に何らかの対応を取りたいものです。

差押えにならなくても、滞納をしている時点で遅延損害金や利息で借金はどんどん膨らんでいきますので、早めに債務整理をするのがおすすめです。

債務整理は、任意整理や自己破産、個人再生などの手続きの総称で、合法的に借金を減額することができる法的な手続きです。

債務整理の手続きをはじめると、取り立てはすぐに止まりますし、手続き中は返済がストップしてお金をためることができます。

また、債務整理は会社に通知する種類の手続きではありませんので、債務整理をしても会社や同僚に必ずバレるわけではありません。

むしろバレないケースの方が多いので、借金問題を内緒で解決したい人にも債務整理は向いています。

借金返済 差押え バレる

手続きによってバレない可能性が低くなったりもするので、借金問題に強い弁護士など専門家へまずは相談してみましょう。

借金問題に強い弁護士ほど、相談は無料で行っており、全国対応で相談を広く受け付けていますので、無料相談できて全国対応の弁護士に相談するようにしましょう。

無料相談できる弁護士事務所を探す

債務整理でいくら借金が減るのか?今すぐ無料診断

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーター

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーターは、簡単な項目の入力で借金がいくら減らせるかシミュレーションすることができます。

無料匿名40秒ほどの入力で利用することができ、自分の状況にあったおすすめの法律事務所を見つけることもできます。

全国対応で24時間相談受付中。解決率は80%です。

今すぐ無料診断してみる



おすすめの法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所※旧樋口総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所は、豊富な相談実績と丁寧な対応が評判の借金問題解決のプロフェッショナルです。

月に600件以上の相談実績があり、借金問題に関する経験とノウハウが豊富で、債務整理の際は信頼できるパートナーになります。

全国対応無料相談も実施していますので、借金問題に悩んでいる人はまず相談してみてください。

弁護士法人サンク総合法律事務所へ



東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所は、相談だけなら何度でも無料になっていて、土日祝日も相談対応しています。

借金問題を10,000件以上も解決してきた実績のある、経験やノウハウが豊富な弁護士事務所です。全国対応で出張面談を必ず行ってくれるので、地方の人でも安心して相談できます。

借金問題に強い弁護士でありながら、弁護士費用が相場よりも安い点も嬉しいポイントです。

東京ロータス法律事務所へ