債務整理 ブラックの期間

債務整理の手続きをすると、信用情報機関に金融事故情報が登録されるため、俗に「ブラックリスト」入りしたといいます。

ブラックリスト入りすると、新しくクレジットカードやローンを組むことがまずできなくなります。

いつからどれくらいの期間ブラックリスト入りするのか、またブラック期間中にできないことやブラック解除後に信用力を上げる方法をまとめましたので参考にしていただければと思います。

債務整理のブラックの期間

債務整理をしてブラックになる期間は手続きによって異なります。


任意整理の場合

債務整理 千葉

任意整理の場合は任意整理が成立してから5年間がブラックの期間になります。

正確に言うと、「業者と和解」して「任意整理を開始してから」5年で信用情報機関の金融事故情報が解除されます。

また、任意整理の返済中に延滞や滞納があると、新たな異動情報が発生して、いつまでたっても異動情報が完了しません。

任意整理の返済をさらに延滞や滞納してしまう人は結構多いようで、延滞や滞納しつつ完済した場合には、実質完済から5年がブラックが解除されるタイミングと言ってよいでしょう。

なお、信用情報機関にはJICC、CIC、JBA(全国銀行協会)がありますが、実は任意整理の場合に金融事故として登録されるのはJICCだけです。

債務整理前に延滞や滞納をしていると、CICとJBAには借金を延滞した記録が残り、その記録は借金を完済してから5年間残ります。

そのため、任意整理後に延滞なく完済した人でも、任意整理前に延滞をしていると、任意整理を開始してから5年が経過してもCICとJBAには事故情報が残っている場合があります。

色々なケースがありますので、任意整理完済後にブラックが解除されているはずなのにクレジットカードの審査に通らない人は、信用情報の開示を求めるのが確実です。


個人再生の場合

債務整理 体験談

  • 7年から10年ブラックになる
  • 延滞をすると完済から5年間経過するまでブラック期間が続く

個人再生の場合は金融事故として登録される事項がいくつかありますが、個人再生の手続きを行ってから7年から10年の間ブラックとなります。

また、任意整理と同じく延滞や滞納をしてしまった場合には、完済から5年間はブラック入りしてしまいますので、個人再生をする場合には極力延滞を避けるようにしましょう。

個人再生は借金を100万円または5分の1まで圧縮してくれて、かなり借金を減らすことができます。

月々の返済も5分の1程度に減らすことができ、かなり返済の余裕が生まれますので、きちんと返済していくことが重要になります。


自己破産の場合

債務整理 千葉

自己破産のブラック期間は7年から10年です。

登録される情報機関によって期間が異なりますので、10年をめどにブラックリストが解除されると考えておくと良いでしょう。

自己破産は借金が帳消しになるので、その後の延滞などの心配はありませんが、7年から10年間はクレジットカードやローンなどを組むことは考えず、現金で堅実に生活する必要があります。

デビットカードを持っていると、クレジットカードが使えるお店などでカード決済をすることができます。

デビットカードはカード払いをした時に、銀行口座から即時引き落としされるカードで審査もないものがほとんどですので、債務整理をしてクレジットカードが持てない人の心強い味方になります。


ブラック期間中にできないこと

債務整理 後 ローン

ブラック期間中は、金融機関等の審査に通らなくなるので、クレジットカードを新たに作ったり、ローンを組んだりすることができなくなります。

正確に言うと、法律上ダメというわけではないので、ブラック期間中でも中小の消費者金融やカード会社であればお金を借りたり、カードを作ったりすることはできます。

それでも、ほとんどの会社は信用情報期間の情報をもとに審査をしているので審査はかなり厳しくなります。

その他に携帯電話の割賦払いもローンの一種ですので、割賦払いをすることも難しくなります。

ただ、逆にいうとブラック期間中にできないことは上記だけで、信用情報機関の情報を参照することのない就職や転職などには一切関係ありません。

ブラック期間であってもお金を借りる系のこと以外は特に支障なくできると考えて良いでしょう。


債務整理後に信用力を上げる手順

債務整理 千葉

  • 属性を良くする
  • クレジットヒストリーを積む

信用情報機関のブラックが解除されても、すぐに住宅ローンが組めたりキャッシングできるわけではありません。

住宅ローンやキャッシングでは信用情報機関の情報以外にも、様々な情報をチェックして審査しています。

ブラック解除は審査落ち濃厚となる要素が一つなくなっただけですので、その他の審査でチェックされるポイントも良くしていって信用力を上げていく必要があります。

特に収入や勤続年数などの返済能力を見る属性は重要になりますので、信用力をあげるには自分の属性を意識して良くしていきましょう。

年収のほかに勤続年数や雇用体系(正社員か派遣社員かなど)、勤務先などが重要になります。

ローンを組むために自分の仕事を変えることは、人生観に合わない人もいると思いますが、ローン審査を有利にするという意味では有効です。

またクレジットヒストリーを積むことも重要です。

クレジットヒストリーを積むという観点では、比較的審査がゆるい携帯電話の割賦払いからはじめて、クレジットカード、ローンと徐々に審査の厳しい商品にチャレンジしていくと良いでしょう。


債務整理でいくら借金が減るのか?今すぐ無料診断

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーター

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーターは、簡単な項目の入力で借金がいくら減らせるかシミュレーションすることができます。

無料匿名40秒ほどの入力で利用することができ、自分の状況にあったおすすめの法律事務所を見つけることもできます。

全国対応で24時間相談受付中。解決率は80%です。

今すぐ無料診断してみる



おすすめの法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所※旧樋口総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所は、豊富な相談実績と丁寧な対応が評判の借金問題解決のプロフェッショナルです。

月に600件以上の相談実績があり、借金問題に関する経験とノウハウが豊富で、債務整理の際は信頼できるパートナーになります。

全国対応無料相談も実施していますので、借金問題に悩んでいる人はまず相談してみてください。

弁護士法人サンク総合法律事務所へ



東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所は、相談だけなら何度でも無料になっていて、土日祝日も相談対応しています。

借金問題を10,000件以上も解決してきた実績のある、経験やノウハウが豊富な弁護士事務所です。全国対応で出張面談を必ず行ってくれるので、地方の人でも安心して相談できます。

借金問題に強い弁護士でありながら、弁護士費用が相場よりも安い点も嬉しいポイントです。

東京ロータス法律事務所へ