債務整理 ギャンブル

借金の原因は人それぞれですが、ギャンブルによって借金を重ねて債務整理を考えている人は多いと思います。

一部では、「ギャンブルで作った借金は債務整理できない」などとも言われますが、本当のところはどうなのでしょうか?

ギャンブルで作った借金を債務整理する際の注意点や制約などを見ていきたいと思います。

ギャンブルで作った借金を債務整理できる?

任意整理とギャンブル

債務整理 ギャンブル

任意整理は借金の原因に関係なくできるので、ギャンブルで作った借金であっても利用することができます。

任意整理は各債権者と個別に交渉をして借金を減額する示談交渉のようなものです。

各債権者である金融機関はとにかくお金を返してもらえば良いので、借金を作った理由などは関係ありません。

債務者がきちんと収入があって、今後返済することができる見込みが立っていれば任意整理に応じてくれます。

ですので、任意整理をする上で借金の理由がギャンブルであるかどうかはまったく関係ないです。


特定調停とギャンブル

債務整理 ギャンブル

特定調停の場合も、借金の原因は関係なく利用することができますので、ギャンブルで作った借金を特定調停で整理することはできます。

特定調停は任意整理と似ていますが、裁判所を通して各債権者と和解して借金の減額に合意する必要があります。

調停になるため、裁判官や調停委員に借金が大きくなった理由を聞かれはしますが、調停結果に影響はありません。


自己破産とギャンブル

債務整理 ギャンブル

ギャンブルによる借金で影響があるのは自己破産の場合です。

自己破産で借金をチャラ(免責)してもらうには免責決定というものを受ける必要があり、免責を受けられない条件(免責不許可事由)が決まっています。

免責不許可事由の中にギャンブル浪費による借金が含まれていますので、原則としては免責不許可となり自己破産はできません。

ですが、自己破産は裁量免責といって裁判官の裁量によっては免責となる場合もあり、ギャンブルが原因の借金だと絶対に自己破産ができないというわけではありません。

ギャンブルをやめて長期間経過している場合などは自己破産できる場合もあります。

弁護士によっても結果は大きく変わりますので、良い弁護士についてもらうことも重要です。

自己破産に強く、無料相談できる弁護士事務所を探す


個人再生とギャンブル

債務整理 ギャンブル

ギャンブルによる借金でも個人再生はできます。

個人再生は、基本的に借金を作った理由に関係なくできる手続きです。

そのため、ギャンブルが原因で借金をしていたとしても、要件を満たせば個人再生を利用することができます。

個人再生とは、民事再生法の個人版と言われており、借金を5分の1または100万円まで減らすことができ、3年で返済すれば残りの借金は免除してもらうことができる手続きです。

個人再生は住宅を残すことができるというメリットがありますが、自己破産ができないような免責不許可事由にあたっていたとしても利用できるというメリットがあります。

任意整理では返済が難しいほど借金が残り、自己破産も難しいという人は個人再生で借金を圧縮することができるので、最も向いています。

ギャンブルが原因で借金を作り、返済できないほど多額の借金がある場合には個人再生を勧められることが多いでしょう。

とはいえ、状況によっても変わりますので、まずは専門家に状況を話して、どうすれば良いか相談されるのが一番です。

無料相談できる弁護士事務所を探す


ギャンブル依存症の場合

債務整理 ギャンブル

債務整理の話とは少しそれますが、ギャンブル依存症である場合は借金を整理できたとしても、またギャンブルに走ってしまい借金をしてしまう可能性も高いため、根本的な改善が必要になります。

ギャンブル依存症は、家族であっても返済しきれないくらいの借金ができてから気づくケースも少なくありません。

ギャンブル依存症は立派な病気ですので、精神力が弱いなどという問題ではありません。


ギャンブル依存症の治療

ギャンブル依存症を治療するには、まずは本人が依存症であることを自覚することが重要です。

その上で、精神科などを受診して専門の先生の指示に従って治療を進めていく必要があります。

治療と言っても薬が処方されるわけではなく、基本はカウンセリングを受け、同じような境遇の人同士で自助グループを作って治療したりします。

家族のサポートも必要になり、本人の努力だけではなかなか改善は難しいです。

最初はギャンブル依存症で通院することに抵抗がある人がほとんどですが、ギャンブル依存症が治らないと同じことを繰り返し自分も家族も傷つくだけですので、長い目で見れば早めの通院が最も効果的です。


債務整理後のギャンブル

債務整理 ギャンブル

債務整理後にまたギャンブルを始めてしまう人も多いようです。

債務整理後にギャンブルをしたからといって、債務整理がチャラになることはありませんが、倫理的な問題がありますし、次の借金のもとにもなってしまいます。

ギャンブル依存症の可能性もあるので、家族であればギャンブルをやめるようにアドバイスするとともに、専門医の治療を受けるなどサポートをする必要があります。

2度目、3度目の債務整理もできないことはありませんが、どんどん条件が厳しくなっていきます。

本当の破滅となる前に、債務整理後のギャンブルには注意が必要です。

どうしても完全にやめさせるのが難しい場合は、パチンコよりも比較的依存症の低い競馬を少額かけるくらいならOKにするなど、段階的にやめさせるようにしたり、趣味の範囲であれば許すなど少しずつ改善を目指す必要があります。

いずれにせよ、専門家のアドバイスを受けながら治療を進めていくのが一番ですので、精神力に頼ったり、家族だけで解決しようとせず、きちんと病院に行くのが一番です。

本人であっても家族であっても、ギャンブル依存症は病気ということを理解して、一人でなんとかしようとせずに専門家や家族のサポートで乗り切る必要があります。

病院に行くと当然費用はかかりますが、依存症レベルでギャンブルを続けていたらお金がいくらあっても足りません。

ギャンブル依存症になると、借金を作ってしまうケースも多いです。

ギャンブル依存症は病院で治療をし、ギャンブルが原因で借金がある場合には弁護士に相談して債務整理をすることで借金問題を解決できます。

家族だけで問題を抱えず専門家に依頼することで、解決に向かっている安心感から精神的にもぐっと楽になります。

債務整理 ギャンブル

債務整理の相談は匿名無料でできますので、まずは無料相談してみましょう。

無料相談できる弁護士事務所を探す

インターネット上で借金がいくら減らせるか調べる無料シミュレーションもあり、こちらもおすすめです。

借金がいくら減るか無料診断してみる

債務整理でいくら借金が減るのか?今すぐ無料診断

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーター

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーターは、簡単な項目の入力で借金がいくら減らせるかシミュレーションすることができます。

無料匿名40秒ほどの入力で利用することができ、自分の状況にあったおすすめの法律事務所を見つけることもできます。

全国対応で24時間相談受付中。解決率は80%です。

今すぐ無料診断してみる



おすすめの法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所※旧樋口総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所は、豊富な相談実績と丁寧な対応が評判の借金問題解決のプロフェッショナルです。

月に600件以上の相談実績があり、借金問題に関する経験とノウハウが豊富で、債務整理の際は信頼できるパートナーになります。

全国対応無料相談も実施していますので、借金問題に悩んでいる人はまず相談してみてください。

弁護士法人サンク総合法律事務所へ



東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所は、相談だけなら何度でも無料になっていて、土日祝日も相談対応しています。

借金問題を10,000件以上も解決してきた実績のある、経験やノウハウが豊富な弁護士事務所です。全国対応で出張面談を必ず行ってくれるので、地方の人でも安心して相談できます。

借金問題に強い弁護士でありながら、弁護士費用が相場よりも安い点も嬉しいポイントです。

東京ロータス法律事務所へ