債務整理 車

債務整理を検討している人で車を持っている人は、債務整理をすることで車やそのローンがどうなってしまうか気になる人は多いと思います。

債務整理と車の関係はややこしく、その人の状況によっても変わる部分がありますが、債務整理と車の関係をまとめて紹介したいと思います。

債務整理をした時の車の扱い

任意整理をした場合の車の扱い

債務整理 車

  • ローンを整理対象から外せば車を残せる

任意整理は整理対象を選ぶことができるので、自動車のローンを整理対象から外すことで車を残すことができます。

ローンの返済はきちんとする必要がありますが、ローンの返済さえできるのであれば車は残せます。

また、整理にあたって個人の財産を差押えられることもないので、ローンを完済していればすべての債権者と任意整理をしても車は残すことができます。

車のローンが残っている状態でローンを整理対象とすると、ローンを組んでいる会社やローンの契約内容によって車は担保として取られることになります。

債務整理 車

ローン会社やディーラーでローンを組んでいると、ほとんどの場合、所有権留保の条項でローン返済中の所有権はローン会社やディーラーになっています。

そのため、ローン会社やディーラーでローンを組んでいて任意整理の整理対象とすると、担保として車を取られます。

ローン契約に所有権留保がつかない銀行や信金、ろうきんなどでカーローンを組んでいる場合は、ローンを整理対象としても車を残しておくことができます。

所有権留保が絡むと権利関係がややこしくなりますので、この辺りはローン契約書などを持って専門家に相談されるのが確実です。

任意整理であれば、車を残して債務整理することも、車のローンを残して債務整理をすることも比較的しやすい整理方法といえます。


個人再生をした場合の車の扱い

債務整理 車

  • カーローンは強制的に整理対象となる

個人再生をした場合、住宅ローンは残すことができますが、車のローンは整理対象となります。

そのため、返済中の車のローンがある場合には整理対象となり、上述した所有権留保の有無が車を残せるかどうかの第1のポイントとなります。

個人再生の場合には、財産の保有は返済額以下という制約もありますので、仮に個人再生後の返済額が100万円の場合には車とその他財産の合計価格が100万円以下であることが求められます。

個人再生をした人が車を残せるかどうかは、所有権留保の問題と返済額によって変わってきます。


自己破産をした場合の車の扱い

債務整理 車

  • ローンが残っている場合は原則車を残せない
  • 20万円以下の車であれば残せる可能性がある

自己破産をする場合、原則車のローンが残っている場合は自己破産後に車を残すことはできません。

車のローンを完済している場合でも、時価で20万円超の価値のある車だと残すことができません。

時価20万円以下の車でローンを完済している場合のみ、車を残すことができます。

なお、自己破産の場合でも自動車を家族などに買い取ってもらうことで、事実的に車を残して手続きできる場合もあります。

その人の状況や弁護士の交渉力によっても変わりますので、早めに専門家に相談に行かれることをおすすめします。

無料相談できる弁護士事務所を探す


債務整理後に車を買う方法

カーローンを組むのは難しい

債務整理 車

債務整理をすると、信用情報機関に金融事故情報が登録され、いわゆるブラックリスト入りの状態になります。

そのため、ローン審査にはまず通らなくなります。

信用情報機関の事故情報は5年から10年は登録されるため、債務整理後5年から10年は新たなローンを組むのは難しくなります。

また、直接債務整理を行った金融機関では、信用情報機関とは別に社内のブラックリストに登録されることになります。

社内ブラックリストには登録期間などの決まりがありませんので、債務整理をした金融機関では半永久的にローンを組めないと考えた方が良いでしょう。


債務整理後のリース契約

最近はローンを組む以外にリース契約で車に乗る方法もありますが、リース契約の際も審査があり、ローン審査と同じように信用情報を照会されるので、ブラックリスト入りしていると審査に通らない可能性が高いです。

リース契約は実質的にローンを組むのと同じようなものですので、喪が明けるまでリースで車を手に入れるのも難しいといえます。

ブラックリスト入りしている債務整理をしてから5年以内の時には、車を手に入れるには現金払いで車を購入したり、家族や親戚からお金を借りて車を購入する必要があります。


カーローンの保証人にもなれない

なお、ローン審査では一般的に保証人の信用情報についても照会されますので、債務整理をして一定期間が経過するまでは保証人になることもできません。

ローン審査で保証人になるのは、主に奨学金などがありますのでローンの保証人になる際にも注意が必要になります。


まとめ

債務整理 車

債務整理と車の関係を見てきました。

これまでの内容をまとめると以下のようになります。

  • 債務整理の手続きによっては車を残すことができる
  • ローン返済中の場合は任意整理以外は車を残せない可能性が高い
  • 債務整理後は一定期間カーローンを組むことはできない

すでに車を持っている時に車を残すことができるかどうかは、どの手続きを選ぶか、また所有権留保などローン契約の内容によって変わってきます。

権利関係が複雑になるため、素人で判断するのは危険で、弁護士や司法書士など債務整理の専門家へ相談して判断してもらうのが賢明です。

弁護士の交渉力も重要となりますので、債務整理に強い全国対応の弁護士事務所から相談先を探すのがおすすめです。

匿名無料で相談できますので、まずは車を残せるかどうかだけでも確認されることをおすすめします。

無料相談できる弁護士事務所を探す

債務整理後に車を購入したい場合は、債務整理をするとブラック入りしてローンが組めなくなるので、現金払いなど、金融機関のローンに頼らない購入方法を検討する必要があります。

債務整理 車

このように、債務整理をすると普段の生活にも色々と影響が出ます。

債務整理しようか悩んでいる人は、無料相談できる弁護士などに相談をして、どのような影響があるか把握してから、実際に手続きをするかどうか決めるのが良いでしょう。

無料相談できる弁護士事務所を探す

インターネットでまず借金がいくら減るか調べることもできるので、どれくらい借金が減るか知りたい人はこちらも利用してみてください。

借金がいくら減るか無料診断してみる

債務整理でいくら借金が減るのか?今すぐ無料診断

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーター

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーターは、簡単な項目の入力で借金がいくら減らせるかシミュレーションすることができます。

無料匿名40秒ほどの入力で利用することができ、自分の状況にあったおすすめの法律事務所を見つけることもできます。

全国対応で24時間相談受付中。解決率は80%です。

今すぐ無料診断してみる



おすすめの法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所※旧樋口総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所は、豊富な相談実績と丁寧な対応が評判の借金問題解決のプロフェッショナルです。

月に600件以上の相談実績があり、借金問題に関する経験とノウハウが豊富で、債務整理の際は信頼できるパートナーになります。

全国対応無料相談も実施していますので、借金問題に悩んでいる人はまず相談してみてください。

弁護士法人サンク総合法律事務所へ



東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所は、相談だけなら何度でも無料になっていて、土日祝日も相談対応しています。

借金問題を10,000件以上も解決してきた実績のある、経験やノウハウが豊富な弁護士事務所です。全国対応で出張面談を必ず行ってくれるので、地方の人でも安心して相談できます。

借金問題に強い弁護士でありながら、弁護士費用が相場よりも安い点も嬉しいポイントです。

東京ロータス法律事務所へ