任意整理 支払い 遅れ

無事に任意整理をできても、借金がなくなるわけではないので、任意整理後は減額した借金を返済していくことになります。

任意整理直後は返済できていても、期間が経つと状況が変わって支払いが遅れそうになったり、返済が難しくなる場合もあります。

任意整理後の返済や支払いに遅れがあるとどうなるのか、任意整理後の延滞リスクと対処方法を見ていきたいと思います。

任意整理後も借金の返済は続く

任意整理 支払い 遅れ

任意整理は将来の利息をカットして、元本を3年から5年かけて返済をする形で和解するのが一般的です。

利息がなくなるので、借金が膨らむことなく、人によっては月々の負担も減って返済が楽になります。

それでも借金がゼロになるわけではないので、任意整理後も返済は続きます。


任意整理後の返済・支払いが遅れるとどうなるか

任意整理 支払い 遅れ

任意整理の手続き時点では返済できると思っていた額でも、仕事が変わったり、働けなくなるなど、何らかの事情で減額した借金の返済も厳しくなることがあります。

任意整理後の返済で支払いに遅れが出ると、1回であればすぐに返済をすれば深刻な問題になることは少ないようですが、支払いの遅れが2回目となると残った借金を一括請求されることになり深刻な問題になります。

和解契約上では2ヶ月以上連続して滞納すると和解契約は無効になり、一括請求するような取り決めになっていることが多いです。

ですので、契約上は2回延滞があると一括請求をされる可能性が高まります。


任意整理の支払いが遅れた時の対策

任意整理 支払い 遅れ

任意整理の支払いが遅れそうなことがわかったら、とにかく早く相談することです。

やむをえない理由があって返済が1ヶ月や2ヶ月遅れるような場合は、弁護士を通して債権者に連絡をすることで、待ってもらえることもあります。

連絡をせずに支払いの遅れがあると、業者も一括請求せざるをえなくなり、一気に返済が苦しくなります。

2ヶ月連続で滞納をすると契約上は業者は一括請求できることになりますので、連絡をすることで必ず延滞しても許してもらえるかはわからず、その辺りは業者の対応次第となります。

任意整理の返済が遅れ、一括請求されて個人再生や自己破産を検討せざるをえなくなることも十分考えられますので、とにかく早めに弁護士に相談することが重要です。


任意整理後に支払いができない時どうするか

まずは個人再生

任意整理 支払い 遅れ

支払いが遅れても返済ができれば良いですが、リストラにあったり、健康的に働ける状態でなくなってしまった場合や収入が大幅に落ちてしまうと、返済自体を続けることが難しくなることもあります。

残念ながら、任意整理をしても返済途中で支払いが難しくなってしまう人が多くいるそうです。

そうなった場合には個人再生または自己破産を検討する必要があります。

個人再生は借金を5分の1または100万円まで減額する手続きで、任意整理と同様に債務整理後も返済が残ります。

また働いていないと裁判所に個人再生を認めてもらうこともできないので、収入が減ってしまったけど働いていて、個人再生をすれば返済していける人向けの選択肢です。


自己破産は最後の砦

任意整理 支払い 遅れ

働けない、または個人再生をしても返済のめどが立たない人は、自己破産を検討することになります。

自己破産は借金をチャラにすることができますが、その分家や車が差押えされることになったり、自己破産後につける職業に制限ができるなど、色々と制約のある手続きです。

また、二度目の自己破産は認められないこともあるので、基本的には一度だけしか使えない最後の砦的な手続きです。

働ける状態でなく、借金の額も多い場合には自己破産を選択するしかない場合もありますが、本当に自己破産をするしかないのか、他の選択肢はないのか改めて慎重に検討する必要があるといえます。

個人再生をするにも自己破産をするにも、任意整理をした時のように弁護士に手続きを依頼する必要があります。

任意整理をお願いした弁護士に依頼するでも良いですが、同じ弁護士に依頼したくない場合や弁護士にも断られることがありますので、その際は別の弁護士を探す必要があります。

やむをえない理由で任意整理の返済が遅れてしまった場合(予想できなかった場合)は仕方ないですが、毎月の負担額が苦しく設定されていたなど、そもそも1回目の債務整理の時点で任意整理を選択すべきでなかった可能性もあります。

任意整理の返済が遅れたのは、ある意味借金の額や返済負担などをシミュレーションしきれなかった、無理な返済額で任意整理をすすめた弁護士の責任という場合もあります。

今の弁護士に落ち度がなく、しっかりとした信頼関係があれば問題ありませんが、経験が浅い弁護士に再度債務整理の相談をするのは危険ですので、個人再生や自己破産を検討する際は弁護士選びについてもゼロから考え直すことをおすすめします。

無料相談できる弁護士に相談することで、費用もかかりませんし、別の視点からのアドバイスを受けられる場合もあります。

任意整理の返済が苦しくなったタイミングで一度相談に行かれることをおすすめします。

無料相談できる弁護士事務所を探す


任意整理前に考えることが重要

任意整理 支払い 遅れ

まだ債務整理をしておらず、これから任意整理の検討をしているなら、任意整理の前に「本当に任意整理を選択して大丈夫か」を改めて慎重に考える必要があります。

上述した通り、任意整理は手続き後も返済が続く債務整理の手続きで、返済が遅れると一括請求をされるなど、かなり苦しい状況に追い込まれます。

任意整理をする前には、きちんとシミュレーションをして、任意整理後の返済額で無理なく返済を続けていくことができるかを確認しないといけません。

債務整理に強い弁護士であれば任意整理後に収入が下がってもある程度返済できるか、など色々な事態を想定して相談に乗ってくれます。

この辺りは経験がものをいう世界ですので、扱っている案件数が圧倒的に多い全国対応の弁護士でかつ借金問題専門の弁護士を探すのがおすすめです。

任意整理 支払い 遅れ

まだ弁護士に依頼していない人は良い弁護士に巡り会えるよう、借金問題解決のエキスパートである街角相談所-法律-などで、借金問題に強い弁護士を紹介してもらうことをおすすめします。

簡単な借金問題の質問であれば、街角相談所-法律-のオペレーターが答えてくれることもあります。

無料、匿名、40秒ほどの入力で借金がいくら減らせそうか無料診断することもできますので、まずは無料診断をしてみてください。

街角相談所-法律-で借金がいくら減るか無料診断してみる

債務整理でいくら借金が減るのか?今すぐ無料診断

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーター

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーターは、簡単な項目の入力で借金がいくら減らせるかシミュレーションすることができます。

無料匿名40秒ほどの入力で利用することができ、自分の状況にあったおすすめの法律事務所を見つけることもできます。

全国対応で24時間相談受付中。解決率は80%です。

今すぐ無料診断してみる



おすすめの法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所※旧樋口総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所は、豊富な相談実績と丁寧な対応が評判の借金問題解決のプロフェッショナルです。

月に600件以上の相談実績があり、借金問題に関する経験とノウハウが豊富で、債務整理の際は信頼できるパートナーになります。

全国対応無料相談も実施していますので、借金問題に悩んでいる人はまず相談してみてください。

弁護士法人サンク総合法律事務所へ



東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所は、相談だけなら何度でも無料になっていて、土日祝日も相談対応しています。

借金問題を10,000件以上も解決してきた実績のある、経験やノウハウが豊富な弁護士事務所です。全国対応で出張面談を必ず行ってくれるので、地方の人でも安心して相談できます。

借金問題に強い弁護士でありながら、弁護士費用が相場よりも安い点も嬉しいポイントです。

東京ロータス法律事務所へ