任意整理をした後でも、様々な事情がありやむなく再度借り入れが必要になる人もいると思います。

通常、任意整理をすると5年から7年程度は新たな借り入れができないと言われていますが、任意整理後に借り入れができる条件や借り入れできるようになる期間、任意整理後に借り入れをする際の注意点などを見ていきたいと思います。

任意整理後に借り入れができなくなる理由

  • 信用情報機関に異動情報が登録されている
  • 任意整理した金融機関の社内ブラックリストに載っている

まず、任意整理後に借り入れができなくなる理由を見ていきます。

任意整理後に借り入れができなくなるのは、信用情報機関または金融機関社内のブラックリストに載ることで審査に通らなくなるからです。


信用情報機関に異動情報が登録されている

任意整理をすると、信用情報機関に異動情報(事故情報)が登録されます。

信用情報機関の情報は、各金融機関の間で共有されており、金融機関は審査の際に信用情報機関の情報を参照して審査を行います。

そのため信用情報機関に異動情報が載っている間はまず審査に通りません。

俗に言うブラックリストに載るということになります。

信用情報機関の異動情報は登録から5年が経過すると消えることになりますが、異動情報の登録タイミングが金融機関によって異なるため、任意整理の手続き開始から見るとブラックが解除されるまでの期間は人によって微妙に異なります。

金融機関が受任通知を受け取ってすぐに信用情報機関に登録をしていれば、任意整理手続き開始から5年ですが、中には任意整理の返済完了時に登録する金融機関もあります。

任意整理の返済期間が3年から5年であることを考えると、任意整理の手続開始から8年から10年ブラック解除までかかることになります。

また、返済を滞納していた場合は、延滞として異動情報が登録されることになり、完済から5年経過するまで異動情報が残ります。

この場合は任意整理後に借金を完済してから5年事故情報が残ることになるので、任意整理の手続き開始から見ると8年から10年残ることになります。

このようにいくつかのパターンがありますが、最短で5年、長いと10年間は信用情報機関に事故情報が登録されることになります。

信用情報機関の登録情報は本人であれば開示請求できますので、微妙なタイミングで借り入れをしたい人は、5年経過した時点で信用情報の開示請求をされることをおすすめします。


任意整理した金融機関の社内ブラックリストに載っている

また、各金融機関で情報共有する信用情報機関以外にも、金融機関の社内で管理するブラックリストもあります。

自社がお金を貸していて任意整理などの金融事故を起こした顧客は、まず社内のブラックリストに載ることになります。

社内のブラックリストは一定期間で登録が消えるということもないので、一度整理対象とした金融機関から借り入れをするのはまず無理と思った方が良いでしょう。


任意整理後の借り入れができる条件や期間

  • 信用情報機関の事故情報の登録が消えている
  • 任意整理の整理対象としていない金融機関で借りる

任意整理後に借り入れができない理由を見ると、借り入れができる条件や期間も見えてきます。

まず信用情報機関の事故情報(異動情報)の登録が消えている必要があります。

上述した通り、任意整理後に信用情報機関へ異動情報が登録される期間は5年から最長で10年ほどです。

多くは5年から7年程度で消えると言われていますので、5年経過以降は借り入れの申込をする前に一度信用情報機関へ情報開示の請求をして、自分がブラック状態でないことを確認するとより確実です。

また、任意整理の整理対象とした金融機関で借りることはまず無理ですので、任意整理後に借り入れをするなら、整理対象としていない金融機関で借りることも重要です。


ブラックでも借りられる金融機関

信用情報機関に異動情報が登録されている、いわゆるブラック状態の人は、大手の金融機関ではまずお金を借りることはできませんが、中小の消費者金融であれば審査に通る可能性はあります。

アコムプロミスアイフルといった大手消費者金融では、スコアリングシステムという自動審査を導入しているため、信用情報機関に事故情報が残っていると機械的に審査落ちとなってしまい、まず審査に通りません。

ですが、中小の消費者金融では昔ながらの人による対面審査などを重視している会社もあり、そういった金融機関であれば属性や審査時の印象などによって審査に通る可能性があります。

貸金業法の改正や総量規制の導入などによって、消費者金融業界は全体的に収益減に悩まされています。

大手であれば経営的には問題ありませんが、中小の消費者金融は少しでもお金を貸せるように、大手が貸さない人で良いお客を探すような体制になっています。

そのため、ブラックの人でもきちんと収入があるなど、属性がよい人であれば審査を通過させることもあるので、信用情報の異動情報が登録されている人はこういった中小の消費者金融を頼るのも手です。

信用情報機関に金融事故情報が登録されているブラックな人でも、業者は法律上お金を貸してはいけないわけではありません。

また利用者側もブラックの人がお金を借りるのは法律違反でもなんでもないですし、任意整理の返済中でもお金を借りて法律違反が問われることはありません。

あくまで金融機関側がリスクの高いお客として審査で落としているだけですので、正規の業者でブラックの人にお金を貸す場合もあります。


任意整理後の借り入れで注意すること

  • やむをえない時にしか借りない
  • 返済計画をきちんと立てる
  • ヤミ金から借りない

やむをえない時にしか借りない

任意整理後の借り入れで気をつけたいのは、やむをえない時しか借りてはいけない、また返済計画はきちんと立てるということです。

元々、借金が膨らんで任意整理をしたわけで、また借金を繰り返してしまっては再度債務整理をする必要性が出てくる恐れもあります。

2回目の債務整理はできないわけではありませんが、難易度や費用が上がっていき、今より不利な状況に追い込まれることは間違いありません。

また、任意整理は交渉をして金融機関に金利を放棄してもらっているので、言い方は悪いですが借金の一部を踏み倒していることになります。

何度も債務整理をすると、モラル的な問題もあり社会的信用を失うことになりますので、もう2度と債務整理をしなくてよいように大前提として借金をしないことが重要です。

どうしてもお金が一時的に必要な時は借り入れを検討せざるを得ませんが、間違っても遊ぶお金や見栄などのために借金をすることは避けないといけません。


返済計画をきちんと立てる

また、やむをえずお金を借りる場合も、返済計画をきちんと立てて、自分の今の収入で毎月返済をしていける場合のみ借りることも重要です。

任意整理の返済が残っている人は、任意整理の返済と新たな借り入れへの返済が発生することになるので、それを踏まえて返済可能で余裕のある計画を立てる必要があります。

逆に言うと、きちんと返済のめどが立っていないのに新たにお金を借りることは絶対に避けないといけません。


ヤミ金から借りない

一番の注意点としてヤミ金から借りないことも重要です。

任意整理後で信用ブラックの人だと、正規の業者でないヤミ金からしか借りられないと思って、ヤミ金からお金を借りてしまう人もいます。

ヤミ金はトイチ(10日で1割の利息)やトサン(10日で3割の利息)、トゴ(10日で5割の利息)など法外に高い金利でお金を貸したり、脅迫や暴力などひどい取り立てをしたり、犯罪に巻き込まれるケースもあります。

上述した通り、ブラック状態の人でも借りられる可能性のある正規の業者はあります。

ヤミ金からお金を借りても悪いことしかないので、とにかく絶対に利用してはいけません。

任意整理後にかかわらずヤミ金からは絶対にお金を借りてはいけませんし、関わるのも避けましょう。


まとめ

任意整理後に借り入れができる条件や期間を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 任意整理後は信用情報機関のブラックリストに載る
  • 借り入れできるようになるには5年から最長10年かかる
  • ブラック状態でも借りられる正規の業者もある

任意整理をすると、信用情報機関のブラックリストに載るため、手続き開始から5年から最長10年はまず審査に通らなくなります。

ただし、ブラック状態の人にお金を貸すことは法律違反ではないので、中小の消費者金融の中には属性が良ければお金を貸してくれる会社もあります。

ヤミ金などには絶対手を出してはならず、まずは正規の業者を頼りましょう。

任意整理の返済中や任意整理後に借金をする前に、専門家に相談することで問題が解決する場合もあります。

借金問題に強い弁護士事務所では無料相談を受け付けているところも多くありますので、任意整理の返済がきつかったり、その他の借金問題で悩んでいる人はまず弁護士に相談してみるのも良いと思います。

無料相談できる弁護士事務所を探す

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所への無料相談の詳細はこちら

弁護士法人サンク総合法律事務所※旧樋口総合法律事務所への無料相談の詳細はこちら


債務整理でいくら借金が減るのか?今すぐ無料診断

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーター

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーターは、簡単な項目の入力で借金がいくら減らせるかシミュレーションすることができます。

無料匿名40秒ほどの入力で利用することができ、自分の状況にあったおすすめの法律事務所を見つけることもできます。

全国対応で24時間相談受付中。解決率は80%です。

今すぐ無料診断してみる



おすすめの法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所※旧樋口総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所は、豊富な相談実績と丁寧な対応が評判の借金問題解決のプロフェッショナルです。

月に600件以上の相談実績があり、借金問題に関する経験とノウハウが豊富で、債務整理の際は信頼できるパートナーになります。

全国対応無料相談も実施していますので、借金問題に悩んでいる人はまず相談してみてください。

弁護士法人サンク総合法律事務所へ



東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所は、相談だけなら何度でも無料になっていて、土日祝日も相談対応しています。

借金問題を10,000件以上も解決してきた実績のある、経験やノウハウが豊富な弁護士事務所です。全国対応で出張面談を必ず行ってくれるので、地方の人でも安心して相談できます。

借金問題に強い弁護士でありながら、弁護士費用が相場よりも安い点も嬉しいポイントです。

東京ロータス法律事務所へ