任意整理後 クレジットカード

任意整理をすると、一定期間はクレジットカードを作ることができません。

クレジットカードは生活の必需品という人も多く、一日でも早くカード払いをしたいと考え、任意整理後いつになればカードが作れるのか気になると思います。

そこで、任意整理後にクレジットカードが作れるまでの期間とブラックの期間でも持てるカードについてまとめましたので参考にしていただければと思います。

任意整理後にクレジットカードが作れるまでの期間

任意整理後 クレジットカード

任意整理後にクレジットカードが作れるまでの期間は一般的に5年から7年程度、長い人では10年間作れないケースもあります。

任意整理をはじめとした債務整理の手続きをすると、各金融機関は信用情報機関に金融事故情報(移動情報)を登録します。

信用情報機関に異動情報が登録されると、ローンやクレジットカードの審査に通らなくなるので、ローンを組んだり新たにクレジットカードを作ることができなくなります。

いわゆるブラックリストに載ることになります。

異動情報が登録されている期間はクレジットカードを作ることができないので、「異動情報が消えるまでの期間」が任意整理後にクレジットカードが作れるまでの期間といえます。


異動情報は受任通知を受け取ると登録される

任意整理後 クレジットカード

異動情報は、登録から5年が経過すると消えますので、登録後5年が経過するとブラック状態が解除されます。

一般的に任意整理の手続きが始まる受任通知を受け取ったタイミングで、信用情報機関に異動情報を登録することになります。

その場合は任意整理の手続き開始から5年でブラックが解除されてクレジットカードを作ることができるようになります。


任意整理の完済後に登録する金融機関もある

任意整理後 クレジットカード

ただし、信用情報機関への登録は受任通知を受け取ったタイミングではなく、任意整理の返済が完了してからするという金融機関もあります。

任意整理の和解内容は、利息をカットして元本を3年から5年かけて返済するというものが多いので、任意整理をした後の返済は3年から5年かかります。

返済期間が3年の場合は3年後に登録がされてそこから5年の経過が必要になりますので、

3年+5年=8年

任意整理後8年経つまでクレジットカードを作ることができません。

返済期間が5年の場合は、5年+5年で10年が必要となります。

任意整理の返済期間が3年であれば最長8年、返済期間が5年であれば最長10年が経過すると異動情報が消えて、クレジットカードを作れるようになります。


滞納している場合は要注意

任意整理後 クレジットカード

なお、整理対象の借入を「滞納」している場合は注意が必要です。

借金の返済を滞納している場合も異動情報が登録されますが、この場合に異動情報が消えるのは「借金完済から5年」となります。

任意整理をしても変わらないので、完済から5年まではブラック状態が続くことになります。

任意整理の完済後に異動情報を登録される場合と同じですが、滞納をしている人の場合は金融機関が異動情報を登録するタイミングにかかわらず、任意整理の手続き開始から8年から10年ブラックリストに載ることになります。


任意整理の整理対象とした会社の審査はずっと通らない

任意整理後 クレジットカード

また、上記は信用情報機関の異動情報の話ですが、任意整理をすると各金融期間が自社で管理しているブラックリストにも登録することになります。

社内で管理しているものですので、1社だけの話ですが、信用情報機関の異動情報のように「○○年で消去」などの決まりはありません。

そのため、任意整理の対象とした金融機関では、再度ローンやクレジットカードの審査を通ることはまずありません。

たとえば、楽天カードのキャッシングで借りたお金を任意整理の対象とした場合、楽天カードを改めて作ることはできなくなりますので、その点は理解しておく必要があります。


ブラックの人でも作れるカード

任意整理後 クレジットカード

任意整理をすると5年から10年ほどクレジットカードを作ることができなくなりますが、その間でもどうしてもカード払いが必要なケースがあります。

その際に信用ブラックでも作れるカードがデビットカードです。

デビットカードとは、カード払いした時に預金口座から即時にお金が引き落としされるカードのことです。

クレジットカードのようにカード会社が立て替えてくれるわけではないので、審査が不要で発行することができます。

それでいて、クレジットカードのようにVISAやJCBなどのマークがあるお店であればカード払いができるので、カード払いしたいけどクレジットカードの審査に通らない人にぴったりです。

任意整理後 クレジットカード

買物や食事でクレジットカードのようにカード払いができますし、デートなどで使っても女性にバレることがありません。

また仮にバレても「現金派なんだけど、カード払いがどうしても必要な時があるから持っている」と言えば、まったく問題ありません。

アメリカでは普及しているデビットカードは、日本ではイマイチ普及していませんが、最近は銀行やクレジットカード会社が力を入れてCMなどもしています。

デビットカードを持っていると、預金を引き出す回数が減るので、ATM手数料の節約にもなるという副次的な効果もあります。

債務整理経験者の間では、デビットカードにお世話になった人は多いので、任意整理後にカード払いがしたい人はデビットカードを検討してみましょう。

各メガバンクがデビットカードを発行していますので、利用している銀行のWebサイトなどを見て確認されると良いと思います。


まとめ

任意整理後 クレジットカード

任意整理をした後にどれくらいでクレジットカードを作れるかを見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 任意整理後、5年から10年でクレジットカードを作ることができる
  • 任意整理の整理対象とした会社の審査はずっと通らない
  • ブラック状態の人でもデビットカードなら作れる

任意整理をすると、信用情報機関に異動情報が登録されるため、任意整理の手続き開始後5年から10年は新たにクレジットカードを作ることができません。

また任意整理の整理対象とした会社は社内のブラックリストに登録されるため、基本的にはずっと審査に通りません。

任意整理をした人は一定期間を喪に服して、整理対象としていない会社でクレジットカードを作ることになります。

ブラックの期間にカードが必要になった人は、審査不要で作れるデビットカードが便利です。

デビットカードならカード払いをすることができて、ブラックの人でも作ることができます。

利用代金はすぐに口座から引き落とされるで使い過ぎも防げますし、ATM手数料の節約にもなります。

状況にあわせて検討されると良いと思います。

任意整理後 クレジットカード

これから任意整理を検討している人なら、まずは弁護士などの専門家に相談すると、任意整理後の悩みや心配事もクリアになります。

借金問題に強い弁護士なら、無料相談を受け付けていることも多いので、まずは無料相談をして任意整理に関する疑問点や自分の借金がいくら減りそうかをクリアにしておくのが良いでしょう。

無料相談できる弁護士事務所を探す

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所への無料相談の詳細はこちら

弁護士法人サンク総合法律事務所※旧樋口総合法律事務所への無料相談の詳細はこちら

債務整理でいくら借金が減るのか?今すぐ無料診断

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーター

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーターは、簡単な項目の入力で借金がいくら減らせるかシミュレーションすることができます。

無料匿名40秒ほどの入力で利用することができ、自分の状況にあったおすすめの法律事務所を見つけることもできます。

全国対応で24時間相談受付中。解決率は80%です。

今すぐ無料診断してみる



おすすめの法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所※旧樋口総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所は、豊富な相談実績と丁寧な対応が評判の借金問題解決のプロフェッショナルです。

月に600件以上の相談実績があり、借金問題に関する経験とノウハウが豊富で、債務整理の際は信頼できるパートナーになります。

全国対応無料相談も実施していますので、借金問題に悩んでいる人はまず相談してみてください。

弁護士法人サンク総合法律事務所へ



東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所は、相談だけなら何度でも無料になっていて、土日祝日も相談対応しています。

借金問題を10,000件以上も解決してきた実績のある、経験やノウハウが豊富な弁護士事務所です。全国対応で出張面談を必ず行ってくれるので、地方の人でも安心して相談できます。

借金問題に強い弁護士でありながら、弁護士費用が相場よりも安い点も嬉しいポイントです。

東京ロータス法律事務所へ