債務整理 費用

債務整理を検討する上で専門家である弁護士への相談は必須ですが、気になるのはその費用です。

結論から言うと、債務整理の弁護士費用は安価ではありませんが、借金問題で苦しんでいる人でも支払えるようになっています。

債務整理にかかる費用はどれくらいが相場なのか、また払えない人はどうしたらよいのか、費用相場や支払方法などについて見ていきましょう。


債務整理でかかる費用

債務整理 費用

債務整理をする際に素人では判断が難しく、専門知識も必要になるため、弁護士に依頼することになります。

弁護士事務所には無料相談を受け付けているところもありますが、本格的な相談や手続きに入る際には弁護士報酬が発生することになります。

債務整理で弁護士に支払う費用はいくつかあり、弁護士事務所によっても変わりますが、一般的には以下の費用の一部または全部が必要になります。

  • 法律相談料
  • 着手金
  • 成功報酬
  • 諸経費

法律相談料

債務整理 費用

債務整理は、債務者の状況を把握した上で最適と思われる手続きをとっていきます。

そのためまずは弁護士に法律相談をする必要があります。

法律相談は初回無料としている弁護士事務所も多くあり、検討段階の人は初回無料の法律事務所に相談すると、自分が今後どのようなことをすればよいのか道筋を立てることができるようになります。

中には、債務整理の必要がないこともわかる人もいますので、借金問題を解決したい人はまず無料相談ができる弁護士事務所を探して相談してみるのが良いと思います。

弁護士への法律相談は対面の面談形式で行うところもあれば、電話メールで受け付けているところもあります。


着手金

債務整理 費用

弁護士へ債務整理を依頼する場合に着手金が必要になります。

着手金が不要の弁護士事務所もありますが、必要な事務所の場合には、仕事の依頼時(着手時)に必要な費用です。

結果として債務整理ができなかった場合でも発生する費用で、依頼の目的が達成されなかった場合にも返ってくることはありません。

中途解約時に一部返還請求することもできますが、特別な場合以外には返金されないと考えた方が良いでしょう。


成功報酬

債務整理 費用

  • 成功報酬金
  • 減額報酬金
  • 過払金報酬金

成功報酬は債務整理を完了した時に発生する費用です。

成功報酬型の報酬体系をとっている弁護士事務所は多くあります。

成功報酬は手続きによって異なりますが、裁判で認可が決定した時に発生する「成功報酬金」や、任意整理などで債権者への返済の減額が認められた時に報酬が発生する「減額報酬金」、過払い金が返還された時に発生する「過払金報酬金」などがあります。

実際に目的を達成した時にだけ費用負担すれば良いので、利用者にとってもわかりやすい報酬体系といえます。


その他の諸経費

弁護士に支払う費用にはその他にも裁判所に出廷する際の日当交通費、その他に裁判所との手続きで必要になる収入印紙代切手代の実費などの諸経費がかかります。

諸経費なども込で成功報酬や総合報酬制度を取っている事務所もあります。

そこまで大きくはならない費用ですが、気になる人は事前にどれくらいかかりそうか弁護士事務所に確認すると良いでしょう。


債務整理の費用の相場

債務整理 費用

債務整理の法律相談については、無料で行っているところも多く、有料の場合には30分ごとに5,000円から10,000円くらいが相場になっています。

法律相談は無料のところで行うのが無難です。

着手金以降の債務整理の費用の相場は手続きごとに以下のようになっています。


任意整理・過払い金請求の費用相場

  • 着手金:3-5万円(債権者1社ごと)
  • 成功報酬:3-5万円(債権者1社ごと)
  • 減額報酬:10%-20%(減額した金額の)
  • 過払報酬:20%-25%(返金された過払金合計額の)
  • 諸経費:0-3万円

任意整理の場合にかかる費用は債権者1社ごとに決まってきますので、債権者数によって費用が大きく変わってきます。

過払い金の返還請求は、返金された過払い金から弁護士費用の多くを支払うことができるケースが多いです。


個人再生の費用相場

  • 着手金:20-30万円(住宅ローン特則ありの場合+10万円)
  • 報酬金:20-50万円
  • 諸経費:3万円(裁判所への予納金等)

個人再生の場合は40万円から80万円くらいの弁護士費用がかかります。

住宅ローンの返済期間を延長しつつ借金を減額する「住宅ローン特則」をありにする場合は、さらに5万円から10万円程度の費用が余分にかかります。

債務者の状況によって、かなり費用に幅が出ます。


自己破産の費用相場

  • 40万円~60万円

自己破産の場合、弁護士事務所によって対応(費用の項目)が大きく変わりますが、総額としては40万円から60万円くらいの費用がかかるのが相場になります。

自己破産の場合にも債務者の状況によって大きく変わります。

債務整理の費用相場はあってないようなものですので、上記はぼったくりの弁護士事務所にあたらないための知識として参考にして、まずは実際に弁護士に相談してどれくらいの費用がかかりそうか見てもらうのがよいでしょう。

この際、いくつかの弁護士事務所に相談することで自分の状況だとどれくらいの費用がかかりそうかわかるので、なるべく複数の弁護士事務所に相談するのがよいでしょう。

そういう意味でも最初の法律相談は、無料の弁護士事務所に相談するのがおすすめです。


債務整理の費用の支払方法は分割払いできる

債務整理 費用

  • 債務整理の弁護士費用は、ほとんどの場合「分割払い」にできる
  • 手続きが始まると督促が止まるので、その分を弁護士費用にあてる
  • 99.9%の人が債務整理時の弁護士費用をきちんと支払えている

債務整理の弁護士費用は、ほとんどの場合が分割払いになっています。

債務整理の手続を始めると督促が止まり、返済の必要がなくなるのでその分を弁護士費用の支払に充てることができます。

債務整理の手続は3ヶ月から半年程度がかかりますので、その間に弁護士費用の支払ができます。

きちんと仕事をしていて安定した収入がある人であれば、特に問題なく支払うことができます。

実際に99.9%の人が債務整理時の弁護士費用を支払っています。

弁護士事務所側もお金に困っているから債務整理を検討していることは重々承知していますので、安心して支払ができるような形になっているんですね。


まとめ

債務整理の費用について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 弁護士報酬には法律相談、着手金、成功報酬、その他経費などがある。
  • 債務整理の費用相場は状況によって様々
  • 分割払いで無理なく支払ができる

債務整理をする際の弁護士への費用は数十万円となり高額ですが、それ以上に借金を減らすことができますし、手続きを始めると督促が止まり返済する必要もなくなるので、その分を弁護士費用に回すことができます。

支払が不安な人も弁護士に相談することで無理なく支払ができますので、まずは無料相談を実施している弁護士事務所に相談することをおすすめします。

債務整理 費用

無料相談できる弁護士事務所はネットで簡単に探すことができます。

あなたの借金の状況にあわせて、借金返済の相談が無料でできる近くの法律事務所を見つけることができる無料診断シミュレーターもあります。

匿名、かつ無料で借金がどれくらい減額できるか診断できますので、本気で借金問題を解決したい人はまず利用されてみることをおすすめします。

40秒ほどで診断できます。


債務整理でいくら借金が減るのか?今すぐ無料診断

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーター

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーターは、簡単な項目の入力で借金がいくら減らせるかシミュレーションすることができます。

無料匿名40秒ほどの入力で利用することができ、自分の状況にあったおすすめの法律事務所を見つけることもできます。

全国対応で24時間相談受付中。解決率は80%です。

今すぐ無料診断してみる



おすすめの法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所※旧樋口総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所は、豊富な相談実績と丁寧な対応が評判の借金問題解決のプロフェッショナルです。

月に600件以上の相談実績があり、借金問題に関する経験とノウハウが豊富で、債務整理の際は信頼できるパートナーになります。

全国対応無料相談も実施していますので、借金問題に悩んでいる人はまず相談してみてください。

弁護士法人サンク総合法律事務所へ



東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所は、相談だけなら何度でも無料になっていて、土日祝日も相談対応しています。

借金問題を10,000件以上も解決してきた実績のある、経験やノウハウが豊富な弁護士事務所です。全国対応で出張面談を必ず行ってくれるので、地方の人でも安心して相談できます。

借金問題に強い弁護士でありながら、弁護士費用が相場よりも安い点も嬉しいポイントです。

東京ロータス法律事務所へ