任意整理 結婚

結婚をしている人や近くに結婚を控えている人は、任意整理をすることで結婚やその後の結婚生活にどのような影響があるか心配になると思います。

任意整理は債務整理の中では、生活への影響が少ない手続き方法ですが、結婚にはどのような影響があるのでしょうか。

任意整理による結婚生活への影響や、任意整理をするなら結婚の前と後どちらが良いのかなどを見ていきたいと思います。

任意整理による結婚生活への影響

任意整理をすることで結婚生活に出る影響はローンが組めなくなることです。

逆に言うとそれ以外の場面では、任意整理をしたことが生活に影響を与えることはまずありません。

任意整理は個人の借金を整理するための手続きで、仮に任意整理をしなかったとしても借金の返済を夫や妻がする必要はありません。

借金の取り立てを受けることもありません。

また、任意整理に限らず、自己破産や個人再生をしていても、結婚そのものができなくなるということはありません。

個人再生や自己破産の場合は官報に名前が掲載されたり、破産者名簿に名前が載ることはありますが、一般の人が見ることはまずなく、戸籍や住民票、免許証などには一切影響ありません。

そのため、任意整理をしても結婚ができなくなるということはありません。


家計を一つにする場合は借金の存在や任意整理の過去がバレる

ただし、家計を一つにする場合は、毎月の収入から借金の返済をしていることがバレますので、借金を返済している人は借金がバレますし、任意整理の返済中であれば過去の任意整理がバレる可能性もあります。

また、結婚や出産のタイミングで仕事を辞めたり産休や育休に入る人も多く、それで収入が大きく減って返済に影響が出る場合は配偶者に相談する必要があります。

結婚によってライフスタイルが大きく変わり、配偶者の収入に頼る状況になると過去の借金や任意整理についても隠しきれない可能性が出てきます。

任意整理をすることによる結婚への直接的な影響はほとんどありませんが、結婚によって生活が変わると間接的には影響が出ることもありますので、その点は理解しておく必要があります。


住宅や自動車を買う時のローンへの影響

任意整理をすることで直接的な影響があるのが、ローンが組めなくなることです。

任意整理をすると、信用情報機関の異動情報が登録され、いわゆるブラックリスト状態となり、新しいクレジットカードやローンの審査に通らなくなります。

任意整理をすると、最低5年から8年くらいはブラックリスト状態となりますので、その間はローンを組むことができなくなります。

結婚をすると住宅ローンや自動車を買う時に、住宅ローンやカーローンを組む必要が出る時がありますが、これらはブラック状態が解除されるのを待つ必要があります。

金融機関はローンを組む人の信用情報をチェックしますので、自分が名義人にならなければ審査には影響がありません。

例えば、妻が過去に任意整理をしていたとしても、夫が名義人となるローンであれば特に審査に影響はありません。

このようなケースで審査落ちしたなら、夫の年収や勤続年数などの属性情報、または信用情報に問題があって審査落ちしたことが考えられます。

住宅ローンは夫婦の共同名義で借りることもありますが、このようなケースでは夫婦両方の信用情報がチェックされます。


奨学金への影響

また信用情報は借金の保証人になる際にも審査されますので、ブラック期間中は借金の保証人になることもできなくなります。

結婚に関係のある借金には奨学金があります。

子供がいる人で教育資金を奨学金に頼ろうと思っている人は、奨学金が必要になるまでにブラックが解除されるようにしておく必要があります。

奨学金の保証人には両親以外の祖父母などでもなることができますが、相談する際にバレる可能性がありますので注意が必要です。


結婚して名字が変わることの影響

結婚して名字が変わる場合、結婚後に任意整理をすると借入の名義と任意整理をする名義が異なることになります。

任意整理の際に影響が出るのではないかと考える人もいますが、それほど問題はありません。

借金の名義が旧姓のままでも任意整理をすることは可能です。

逆に名字が変わったのを悪用して、返済逃れをしたり、借入の履歴が終えない名義で新たに借入を繰り返したりすると、最悪の場合は詐欺罪に問われる可能性もあります。

結婚によって名字が変わることについては特に気にすることなく、任意整理をすることができます。


まとめ

任意整理による結婚への影響を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 任意整理をしても結婚に直接的な影響はない
  • ローンを組めなくなる
  • 奨学金の保証人になれない

任意整理をしても、結婚ができないなど直接的な影響はありません。

ただし、任意整理をすると信用情報のブラックリストに載ることになるので、ローンなどの審査に通らなくなります。

また、奨学金の保証人になることもできません。

結婚後の生活でローンが組めないとなると、色々と問題が出てくることもありますが、早めに任意整理をしておくことでブラック解除する時期(喪明け)を少しでも早くすることができます。

結婚前であれば、相手にバレずに任意整理をすることもより簡単ですので、任意整理を検討している人は結婚前の早いタイミングで手続きされることをおすすめします。


債務整理でいくら借金が減るのか?今すぐ無料診断

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーター

街角相談所-法律-の借金減額シミュレーターは、簡単な項目の入力で借金がいくら減らせるかシミュレーションすることができます。

無料匿名40秒ほどの入力で利用することができ、自分の状況にあったおすすめの法律事務所を見つけることもできます。

全国対応で24時間相談受付中。解決率は80%です。

今すぐ無料診断してみる



おすすめの法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所※旧樋口総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所は、豊富な相談実績と丁寧な対応が評判の借金問題解決のプロフェッショナルです。

月に600件以上の相談実績があり、借金問題に関する経験とノウハウが豊富で、債務整理の際は信頼できるパートナーになります。

全国対応無料相談も実施していますので、借金問題に悩んでいる人はまず相談してみてください。

弁護士法人サンク総合法律事務所へ



東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所は、相談だけなら何度でも無料になっていて、土日祝日も相談対応しています。

借金問題を10,000件以上も解決してきた実績のある、経験やノウハウが豊富な弁護士事務所です。全国対応で出張面談を必ず行ってくれるので、地方の人でも安心して相談できます。

借金問題に強い弁護士でありながら、弁護士費用が相場よりも安い点も嬉しいポイントです。

東京ロータス法律事務所へ