債務整理 中

債務整理をすることで借金の返済は楽になりますが、一方で一部影響もあります。

そこで債務整理中にできないことをまとめましたので、これから債務整理を検討している人もすでに債務整理をして返済中の人も参考にしていただければと思います。

任意整理中にできないこと

  • 新しくキャッシングをする
  • 新しくローンを組む
  • 新しくクレジットカードを作る
  • 借金やローンの連帯保証人になる

新しくキャッシングをする

債務整理 中

債務整理の中でも最も多い手続きの任意整理をした場合、信用情報機関に金融事故情報として登録されることになります。

いわゆるブラックリストに載ることになり、何かの審査時に信用情報機関を参照して審査している金融機関などとの付き合いは難しくなります。

まず新たに借入をすることは難しくなります。大手消費者金融、銀行ともにキャッシングやカードローンの申込があって審査をする時には、この信用情報機関の情報を参考にしています。

ブラックリストに乗っている人はまず審査に通りません。

原則として新たにキャッシングをすることはできません。


新しくローンを組む

債務整理 中

また、住宅ローンやカーローン、教育ローンなどその他のローンも同様です。

商品名が違っても、ローン=借金ですので、融資の際には申込者を審査することになります。

審査の際には信用情報機関の情報を参考にしますので、そこに事故情報があるブラックの人はまず審査は通りません。

任意整理中に新たにローンを組んだり借金をしたりするのは諦めた方が良いでしょう。


新しくクレジットカードを作る

債務整理 中

さらに、新しくクレジットカードを作ることもできません。

作れない理由は上述したものと同じになりますが、クレジットカードも審査時に信用情報機関の情報を参照しているため、まず審査には通りません。

クレジットカードも買物料金を後払いにしてもらえたり、キャッシングを利用したりと、利用するのはクレジットカード会社から見ると、利用者の買物代金を立て替えたりお金を貸すようなものですので、ローンなどと同じように審査がされます。

安定した収入があるかなどの返済能力もみますが、過去の事故情報も重要な情報で、そこを考慮せず審査しているクレジットカード会社はありませんので、新たにクレジットカードを作ることもできません。

なお、銀行口座残高の範囲内で決済をするデビットカードは任意整理中の人でも作ることができます。

VISAやJCBなどカード決済ができるお店であれば、クレジットカードと同じようにカード払いをすることができますので、現金を持ち歩きたくない人はデビットカードを持っておくことをおすすめします。


借金やローンの連帯保証人になる

なお、任意整理をした本人を申込人としたローンやクレジットカードの審査に通ることは難しいですが、借金の連帯保証人になることも難しくなります。

個人の信用情報機関の情報は、その人が保証人になる時にも参照され審査がされます。

信用情報機関に金融事故情報が登録されて、ブラックリストに載ると、保証人適格を欠くと判断されて、審査に通らない可能性が極めて高くなります。

保証人審査に落ちることがきっかけで、過去の債務整理歴がバレる人もいます。

トラブルを避ける意味でも、任意整理をしてブラックリストに載る期間は、自身の借金だけでなく、他人の借金の保証人になることも難しくなると理解しておく必要があります。


過去の債務整理歴が理由で就職できないことはない

債務整理 中

任意整理をしてできなくなることは上記の通りです。

信用情報機関にブラック登録されることで様々な制約が出ます。

ただ、逆に言うとそれ以外の制限や影響は一切ありません。

債務整理 中

よくある誤解として、過去に債務整理の経験があると就職面で不利になるのではないか?というものがありますが、求人募集をしている一般企業は面接に来た応募者の信用情報を見ることはできません。

金融機関でも就職の面接時に信用情報機関の情報を参照することはできませんので、就職面で不利になることはありません。

その他にも多くの誤解がありますが、任意整理をした際の影響は「信用情報機関に事故情報載ること」だけです。

そこから来る制限は新たに借金することができないというだけですので、過剰な心配はする必要がありません。

不安な人は、弁護士に相談する際に債務整理をした後、どのような影響があるか確認しておくと良いでしょう。


任意整理中の人が新たに借入することは可能?

債務整理 中

なお、任意整理中の人が借入をできないと述べてきましたが、絶対に借入ができないわけではありません。

任意整理をすると信用情報機関のブラックリストに載りますが、信用ブラックの人にお金を貸してはいけない法律はなく、審査上、信用情報機関のブラックの人でもその他の属性が良ければ問題ないとしている会社であれば審査にも通り、キャッシングをすることができます。

大手消費者金融や銀行ではまず審査に通りませんが、大手の審査に通らないお客に独自の審査基準でお金を貸している中小の消費者金融であればブラックOKの会社もあります。

有名なところではフクホーやライフティなどの会社があります。

債務整理 中

ただし、任意整理中の人がお金を借りるのはおすすめできません。

借金を減らしてもらっている身ですし、次に新たな借金問題を抱えてしまうと、金融機関も任意整理に応じてくれなくなり、結局自己破産しか選べなくなる・・ということもありますので、任意整理中の借入は原則できないものと考えましょう。

任意整理中ということはまだ借金を返済中ですので、さらにお金を借りて返済していくことができるのかという問題もあります。

ですので、原則任意整理中に新たな借入はおすすめできません。

一時的な借入があれば任意整理を継続でき、すぐに返済できることが確実な場合で、そのお金がないと任意整理を継続することができないなど、やむを得ない場合のみ、任意整理中のキャッシングを利用するようにしましょう。


任意整理中の人が新たに借入する際の注意点

  • 複数社へ同時に申込をしない
  • 収入を偽らない
  • 確実に返済ができる時にのみ借入をする
  • 闇金は絶対に利用しない

新たに借入をする際は、複数社へ同時に申込をせず、一社一社申込をするようにします。

金融機関では、キャッシングの申込情報も共有されていますので、審査担当者は他社への申込情報も把握しています。

自社に申込をしているのに、他社にも同様の借金申込をしているのは印象が悪く、それだけで審査落ちする可能性がありますので避けましょう。

その他に、基本的な事項ではありますが、収入は偽らず、かつ確実に返済ができる時にのみ利用するように注意をします。

債務整理 中

最後に、闇金は絶対に利用してはいけません。

闇金とは法定利息以上の金利でお金を貸す違法業者のことで、取り立ても厳しく、お金を借りると深刻なトラブルに巻き込まれます。

上述したとおり、ブラック=闇金からしか借りられないわけではなく、ブラックOKの正規業者もあります。

ブラックだからといって闇金に手を出すと、さらなる借金問題となりますので、任意整理中でどうしてもお金が必要な人は中小の消費者金融をあたって、絶対に闇金に手を出してはいけません。


まとめ

債務整理 中

債務整理中にできないことを見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 新たに借金をしたりクレジットカードを作れなくなる
  • 信用情報機関のブラックになる以外の影響はない
  • 一部の会社ではブラックでもお金を借りられる

任意整理をすることで、返済期間中および返済後の5年から7年は、信用情報機関のブラックリストに載ることになります。

多くの金融機関では審査でブラックの人は落とすようになっているので、新たにお金を借りたりクレジットカードを作ることはまずできなくなります。

ただ、それでも例外はありますし、新たな借金ができない以外の就職面や結婚面、人間関係の面での影響はありません。

債務整理をすると人生の終わりと考えている人は多いですが、多くの人は日常生活への影響をほとんどなく借金の減額に成功しています。

債務整理 中

どれくらい借金を減らせるのかはその人の状況によって異なりますが、専門家に相談することで借金の悩みは合法に減らすことができます。

ネットで無料診断することもできるので、借金問題を本気で解決したい人は自分の借金をどれだけ減らすことができるか調べてみましょう。

利用料は無料匿名40秒ほどの入力で結果が出ます。


おすすめの法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所※旧樋口総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所は、豊富な相談実績と丁寧な対応が評判の借金問題解決のプロフェッショナルです。

月に600件以上の相談実績があり、借金問題に関する経験とノウハウが豊富で、債務整理の際は信頼できるパートナーになります。

全国対応無料相談も実施していますので、借金問題に悩んでいる人はまず相談してみてください。

弁護士法人サンク総合法律事務所へ



東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所は、相談だけなら何度でも無料になっていて、土日祝日も相談対応しています。

借金問題を10,000件以上も解決してきた実績のある、経験やノウハウが豊富な弁護士事務所です。全国対応で出張面談を必ず行ってくれるので、地方の人でも安心して相談できます。

借金問題に強い弁護士でありながら、弁護士費用が相場よりも安い点も嬉しいポイントです。

東京ロータス法律事務所へ