任意整理 引っ越し

任意整理は債務整理の中でも整理後の生活に影響が少ない手続きですが、クレジットカードが作れないなど一定の影響があります。

そのため任意整理をしてから引っ越しができるか気になる人も多いと思いますので、任意整理中に引っ越しはできるのか、またその他にどのような影響があるのか見ていきたいと思います。

任意整理中に引っ越しはできるか?

任意整理 引っ越し

結論から言うと、任意整理中でも引っ越しをすることは問題なくできます。

任意整理の手続き中でも、和解が完了して返済を再開して返済中の人も引っ越しをすることに問題ありません。

実際に任意整理中の人で、引っ越しをする人は大勢いらっしゃいます。


賃貸住宅の審査に影響はある?

任意整理中に引っ越しできるか気になる人は、「賃貸住宅の審査に通るのか?」が最大の疑問だと思います。

物理的に引っ越しをする(住所を変える)ことができても、引っ越し先の家が決まらないと、実質的に引っ越しはできないですからね。

ただ、結論から言うと、任意整理をしていても賃貸住宅の審査に影響はありません。

当然審査に落ちることはありますが、それは収入と家賃のバランスだったり、職業だったりと通常の賃貸審査と同じ基準で審査され、過去に任意整理をしているという理由で審査落ちすることはありません。

任意整理をすると信用情報機関のブラック状態となり、クレジットカード等の審査にはまず通らなくなります。

ですが、クレジットカードやローンの審査とは異なり、賃貸住宅の入居審査では信用情報のブラック情報は参照されません。

そもそも信用情報機関は、「信用取引」を提供する金融機関向けの情報共有制度ですので、不動産会社や大家など信用取引を提供しない一般の企業や個人は情報を参照することはできません。

そのため、過去に任意整理しているかは不動産会社や保証会社、大家さんなど、賃貸住宅の入居審査をする人にはわからず、結果として過去に任意整理をしていても賃貸住宅の審査に影響はありません。


賃貸住宅の審査が通らないケース

一部、賃貸住宅の審査に通らないケースもあります。

それはライフやオリコなどのカード会社や信販会社を通して家賃保証をしていたり、カードで家賃の支払をする場合です。

オリコカードで家賃の支払ができる物件などがそれに該当し、オリコでの審査に通ることを前提に入居できるので、逆に言うとオリコでの審査に通らないと入居することができません。

オリコなどのカード会社や信販会社では信用情報機関の情報をチェックすることができます。

カード会社や信販系の家賃保証会社は信用情報機関をチェックして審査をしているので、任意整理をしてブラック状態の人は審査にまず通りません。

信販系の家賃保証会社やカード払いとなる物件は少ないため、レアなケースになりますし、それらの物件を外して申込すれば良いだけですので大きな影響はありません。

ただ、上記のようなケースでは賃貸住宅の審査に通らないこともありますので、理解しておく必要があります。


任意整理をするとブラック状態になる

なお、任意整理をはじめとした債務整理をすると信用情報機関に異動情報が登録され、ブラック状態になります。

上述した通り、利用者にお金を貸したり、後払いや分割払いとする「信用取引」を提供する金融機関では、審査時に信用情報機関の情報を参照して審査をします。

信用情報機関に異動情報が登録されたブラック状態だと、新たにクレジットカードを作ったりローンを組むことはまずできなくなります。

異動情報は一定期間が経過すると消えるため、ブラック状態は一定期間が経つと解除されます。

任意整理の場合は5年から7年ほどブラック状態が続きます。

また滞納している場合は、借金の完済から5年経つまでブラック状態になるため、滞納していない人が任意整理をした時よりもブラック期間が長くなります。

任意整理は裁判所を通さずに債権者と個別に交渉して和解する手続きです。

そのため官報に掲載されることもないですし、裁判所に財産を差押えされることもありません。

任意整理後の生活への影響は、信用情報機関でブラック状態となることくらいですので、ローンを組んだりクレジットカードを作ったり、分割払いで商品を購入する時以外は生活に影響ありません。


まとめ

任意整理中に引っ越しできるかを見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 任意整理中でも引っ越しできる
  • 賃貸審査への影響はほぼない
  • 一部審査に通らないケースがある

任意整理をすると、信用情報機関でブラック状態になりますが、引っ越しをすることはできます。

賃貸審査への影響はほぼないといえますし、引っ越し業者などは過去任意整理をしているからと言って断られることはありませんからね。

賃貸審査に影響があるのは、信販系の家賃保証会社を使用する場合です。

信販系の会社では信用情報機関の情報を参照することがあるため、できることなら信販系の家賃保証会社を避けるようにしましょう。

このように任意整理をしても引っ越しにはほとんど影響なく、注意すれば問題なく引っ越しすることができます。

逆に言うと、引っ越しを考えている人でも任意整理を進めていくことはできますので、引っ越し検討中の人で任意整理をしようか悩んでいる人はまずは相談してみましょう。

無料相談できる弁護士事務所を探す

おすすめの法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所※旧樋口総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所は、豊富な相談実績と丁寧な対応が評判の借金問題解決のプロフェッショナルです。

月に600件以上の相談実績があり、借金問題に関する経験とノウハウが豊富で、債務整理の際は信頼できるパートナーになります。

全国対応無料相談も実施していますので、借金問題に悩んでいる人はまず相談してみてください。

弁護士法人サンク総合法律事務所へ



東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所は、相談だけなら何度でも無料になっていて、土日祝日も相談対応しています。

借金問題を10,000件以上も解決してきた実績のある、経験やノウハウが豊富な弁護士事務所です。全国対応で出張面談を必ず行ってくれるので、地方の人でも安心して相談できます。

借金問題に強い弁護士でありながら、弁護士費用が相場よりも安い点も嬉しいポイントです。

東京ロータス法律事務所へ