借金の支払、返済に苦しんでいる人や厳しい取りたてから開放される手段に「債務整理」という手続きがあります。

最近ではTVCMなども放送されていることから言葉を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

債務整理とは

債務整理とは合法的に借金の金額を減らして、金利負担や精神的な苦痛から解放されるための手続きです。

自分で、あるいは弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談して、法律に則った手続きを行うことで借金を整理することができます。

返済ができずに自殺や夜逃げなどをする人もいますが、そのようなことをせずとも借金問題を解決することはできます。

借金を整理するための手続きにはいくつか種類があり、それらの総称を債務整理と呼んでいます。

具体的には弁護士などに相談をしてどのような手続きが必要なのか、ベストなのかを考えて手続きを進めていきます。


債務整理の種類

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

債務整理には、任意整理、自己破産、個人再生、特定調停の4種類があります。


任意整理

任意整理は裁判所を通さずに債務者と債権者が協議して、借金の減額を決める手続きです。

いわゆる「示談」交渉のようなものです。

任意整理に特に大きな決まりはなく、一般的には元本や利息を減額したり、金利を引き下げたりするなどして返済額の交渉をすることになります。

債権者はお金を借りている債務者が自己破産などをしてしまうと、貸したお金を回収できなくなってしまいます。

現実的に返済可能な金額まで減額してでも、少し回収できる方がよいので減額交渉に応じてくれます。

それでも減額後に一括で返済可能だったり、3年から5年程度で返済可能なめどがたつ金額が交渉の相場のようです。

過払い金が発生している場合にはさらに大幅な減額交渉が可能です。

債権者が複数ある場合には、一社ずつ交渉をしていくことになります。

債権者と直接の交渉になり、専門的な知識が必要になるため、原則弁護士や司法書士などの専門家に依頼するのが一般的です。

任意整理は裁判所を通さないことで、家族や会社にバレずに手続きすることができ、財産を差し押さえられることもありません。

また、交渉が始まれば任意整理対象の業者からの取り立てを止めることができます。

債務整理のもっともメジャーな方法といえます。


特定調停

特定調停は簡易裁判所を窓口にして債務者と債権者で借金の減額交渉を行う手続きです。

簡易裁判所への手続きや出廷は債務者本人で行う必要がありますが、間に調停委員が入ってくれて双方の主張を聞いたり交渉の仲裁をしてくれます。

任意整理と同様に双方の合意によって借金の圧縮をすることができ、3年間で返済できる金額をめどに交渉がされます。

利息の減額などによって決着するのが一般的です。

弁護士や司法書士に依頼せずに行うため、費用が安くすみますが、その分手続きをすべて自分で行わないといけないため、手間がかかります。

また、すべての手続を終えて特定調停の申し立てをしないと、取り立てが止まりません。

書類作成に時間がかかるといつまでも取り立てに悩むことになるので、スピードを重視する人には向いていません。


個人再生

自己破産は裁判所に申し立てをして、破産をせずに借金を減額する手続きです。

借金の総額を5分の1または100万円に減額して3年で返済する手続きです。

個人再生は住宅ローンなどを除いた負債総額が5,000万円以下で一定の収入がある人が利用することができます。

借入金の大幅な減額ができるだけでなく、すべての取り立てがストップして、マイホームも手放す必要がないなど多くのメリットがあります。

また家族や会社にもバレません。

一方で信用情報はブラックリストに載ることになるので、5年から10年の間は新たな借入やクレジットカードを作ることができなくなります。

手続きが複雑なので、一般的には司法書士や弁護士などの専門家でないと手続きするのは難しい方法です。

あまり多くの人が取る手続きではありませんが、会社が倒産した時の民事再生の個人版といった制度で、メリットの大きい手続き方法です。


自己破産

最後に自己破産です。

自己破産は債務整理の中でも最後の手段ともいえる手続きで、裁判所を介してすべての債務を免除してもらう手続きです。

借金はすべて返済する必要がなくなり、収入などに関係なく手続きすることができます。

ただし、信用情報のブラックリストに載り、10年間は新規の借入やクレジットカードを作れなくなります。

さらに家や家財などの財産は処分される可能性があり、3ヶ月から半年ほど一定の職業につけなくなります。

官報にも掲載されて公告されます。

官報は一般の人が見る可能性は低いですが、人によって財産の差し押さえがあるため、家族や会社にバレずに手続きをすることが難しくなっています。


債務整理の相談は専門家へ

債務整理 とは

債務整理の意味や種類について見てきました。

債務整理と一口に言っても、いくつか種類がありますので、借入金額や資産、収入の状況など、自分の状況にあわせて適切な方法を選択する必要があります。

どの方法を選ぶか、また実際に手続きをする上では専門家への相談は欠かせません。

支払う費用を差し引いても手間やお金を大きく節約できる可能性が高まります。

本気で借金を整理したい人はまず専門家に相談されることをおすすめします。

専門家に相談する際に、個人情報を入力するのが怖い人は匿名でも利用可能な、シミュレータを使って自分にあった債務整理方法や相談相手をチェックしてみましょう。

利用料無料匿名40秒ほどの入力で診断できます。


債務整理でいくら借金が減るのか?今すぐ無料診断

借金相談カフェの借金減額シミュレーター

借金相談カフェの借金減額シミュレーターは、簡単な項目の入力で借金がいくら減らせるかシミュレーションすることができます。

無料匿名40秒ほどの入力で利用することができ、自分の状況にあったおすすめの法律事務所を見つけることもできます。

完全無料で24時間利用可能なので、まずは借金がどれくらい減らせるかチェックしてみてください。

今すぐ無料診断してみる



おすすめの法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所※旧樋口総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所は、豊富な相談実績と丁寧な対応が評判の借金問題解決のプロフェッショナルです。

月に600件以上の相談実績があり、借金問題に関する経験とノウハウが豊富で、債務整理の際は信頼できるパートナーになります。

全国対応無料相談も実施していますので、借金問題に悩んでいる人はまず相談してみてください。

弁護士法人サンク総合法律事務所へ



東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所は、相談だけなら何度でも無料になっていて、土日祝日も相談対応しています。

借金問題を10,000件以上も解決してきた実績のある、経験やノウハウが豊富な弁護士事務所です。全国対応で出張面談を必ず行ってくれるので、地方の人でも安心して相談できます。

借金問題に強い弁護士でありながら、弁護士費用が相場よりも安い点も嬉しいポイントです。

東京ロータス法律事務所へ