債務整理 税金

借金で苦しんでいる人の中には税金を滞納している人もいると思います。

自営業の人だと特に税金を払うのが後回しになって、滞納している人もいると思います。

滞納している税金は債務整理をしてチャラにすることができるのか、債務整理と税金の関係について見ていきたいと思います。

税金は債務整理しても逃れることはできない

債務整理 税金

まず、結論から言うと、税金の支払は債務整理しても逃れることはできません。

税金は債務整理の対象にすることはできず、絶対に支払わないといけません。

非減免債権、非免責債権となっており、債務整理の対象になりません。

そのため、任意整理でも自己破産でも個人再生でも税金を債務整理の対象として払わなくすることはできません。

なお、国民健康保険料国民年金の保険料についても同様で、非免責債権となっており債務整理をしても支払から逃れることはできません。

交通違反金なども非免責債権で、債務整理しても支払をする義務があります。


借金して税金を支払うリスク

債務整理 税金

税金や保険料の支払から逃れられないなら、キャッシングをして先に税金を支払い、そのキャッシングした借金を債務整理しようと考える人もいます。

しかし、返済する意思がないのにキャッシングをする行為は、詐欺罪に問われる可能性があり非常にリスクがあります。

債務整理前に新たに借入をして税金や年金保険料などを一気に支払っていたということがわかると、後々問題になりますので絶対に避けないといけません。


税金を支払えない場合の差押え

債務整理 税金

税金を支払えずに放置や無視をしていると、催促や督促が強くなっていき、最終的には預金や給与の差押えの強制執行がされます。

税金滞納者の強制執行をテレビで見たことがありますが、預金や給与だけでなく、家の中のお金になりそうなものを根こそぎ持って行かれていました。

ビッグダディも税金滞納により差押えを受けたことで大きな話題になりましたね。

ビッグダディの場合は、ある日突然預金残高が0になっていたそうで、国の取り立てや差押えはかなり厳しいですね。

差押えになると預貯金は全額差押えの対象となり、給料についても4分の1相当が差押えの対象になります。

相手は国ですので、おとなしく税金を支払うしかありません。

債務整理 税金

税金の支払が難しい場合は、分割払いや延納、物納に応じてくれることもあるので、まずは管轄の市役所に相談に行かれることをおすすめします。

実際に分割払いができるか、猶予がもらえるかは自治体や役所、担当者によっても対応がわかれるようですが、ネット上の書き込みを見ると月1万円の分割納付にしてもらった例や無利息で猶予をもらえたという例もありました。

確実ではありませんが、放置するよりは絶対に良いので、税金を支払うのが厳しかったらまず役所へ相談が鉄則です。

債務整理の相談をする時に、弁護士も税金滞納分の支払について相談に乗ってくれます。

分納や延滞金の減免、滞納処分の停止などをすることもできるので、役所に行くのがはばかられる人は債務整理の相談をする弁護士に相談されるのが良いでしょう。


税金を滞納してから差押えまでの流れ

債務整理 税金

  • 催告書
  • 督促状
  • 差押予告書
  • 差押え

一般的に税金を滞納していると催告書が届いたり、電話による催告があります。

数ヶ月に1度くらいのペースで届きますが、最初茶色の封筒だったものが赤の封筒になったり文面も差押えをする旨が記載されたりと強くなっていきます。

それを無視、放置していると督促状というワンランク上の督促の手紙が送られてきます。

法的には督促状は債務名義になり、督促状を放置すると強制執行の対象となります。

債務整理 税金

督促状を放置した時点で、法的には強制執行の対象なのですが、実務的にはその後に差押予告書という書類が届きます。

名前の通り、いついつに差押えを行いますという書類で、これを無視するとほぼ確実に差押えがされます。

差押え予告書も放置すると、預金や給料の差押えが行われます。

給料の差押えがされると、強制執行が会社にもバレますので社会的信用が大きく損なわれます。

催告書や督促状もかなりまずい状況ですが、差押予告書が来たら逃げられませんので、差押えになる前にとにかく連絡をした方が良いです。

自治体や担当者、時期、悪質性などによって差押えまでの流れは変わる可能性があります。

督促状が放置してしまうと強制執行をされても文句を言えない立場になりますので、とにかく早く役所に相談をして猶予や分割の相談をした方が良いです。


まとめ

債務整理 デビットカード

税金の滞納分を債務整理できるかについて見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 税金の滞納分を債務整理することはできない
  • 年金や健康保険も整理できない
  • 税金の滞納は差押えされるので危険

税金の滞納分や年金保険料、健康保険料は非免責債権となり、債務整理でも減免することはできません。

また、意図的に借金をして税金や保険料を支払ってから債務整理をすると、債務整理が認められない可能性があり、詐欺罪に問われる可能性がありリスクが高いです。

税金は放置されると差押えの対象にもなるため、苦しくても支払をしていく必要があります。

債務整理 税金

役所に相談することで分割の相談に乗ってもらえたり、弁護士も役所への相談のサポートしてくれます。

返済を逃れることはできませんが、その人の状況に応じて返済を待ってもらったり、猶予をもらうことはできる可能性があります。

役所か専門家に相談の上、早めに対処していくようにしましょう。

無料相談できる弁護士事務所を探す


債務整理でいくら借金が減るのか?今すぐ無料診断

借金相談カフェの借金減額シミュレーター

借金相談カフェの借金減額シミュレーターは、簡単な項目の入力で借金がいくら減らせるかシミュレーションすることができます。

無料匿名40秒ほどの入力で利用することができ、自分の状況にあったおすすめの法律事務所を見つけることもできます。

完全無料で24時間利用可能なので、まずは借金がどれくらい減らせるかチェックしてみてください。

今すぐ無料診断してみる



おすすめの法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所※旧樋口総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所は、豊富な相談実績と丁寧な対応が評判の借金問題解決のプロフェッショナルです。

月に600件以上の相談実績があり、借金問題に関する経験とノウハウが豊富で、債務整理の際は信頼できるパートナーになります。

全国対応無料相談も実施していますので、借金問題に悩んでいる人はまず相談してみてください。

弁護士法人サンク総合法律事務所へ



東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所は、相談だけなら何度でも無料になっていて、土日祝日も相談対応しています。

借金問題を10,000件以上も解決してきた実績のある、経験やノウハウが豊富な弁護士事務所です。全国対応で出張面談を必ず行ってくれるので、地方の人でも安心して相談できます。

借金問題に強い弁護士でありながら、弁護士費用が相場よりも安い点も嬉しいポイントです。

東京ロータス法律事務所へ