債務整理 結婚

債務整理を考えているけど、結婚を控えていて、債務整理をすることで結婚にどのような影響があるか知りたい人は特に女性に多いと思います。

債務整理をしても結婚はできるのか、また婚約者に債務整理したことはバレるのかなど、債務整理と結婚の関係について見ていきたいと思います。

債務整理は結婚に影響する?

債務整理をしても結婚できる

債務整理 結婚

債務整理をして、例えば任意整理の返済期間中でも結婚できるのか気になる人もいると思います。

結論から言うと、債務整理と結婚にはあまり関係がなく、債務整理をいつしても結婚に支障はありません。

もちろん、結婚後に債務整理をすることもできます。

借金問題や債務整理については、家族はほとんど関係なく、個人のものとして扱われます。

債務整理をしたからといって、配偶者や家族がローンを組めなくなるなど信用力を落とすことはありません。


結婚前に債務整理するデメリット、影響

債務整理 結婚

ただし、任意整理や個人再生をしてから結婚する場合、返済は続くことになりますので、結婚を機に仕事をやめて家庭に入ってほしいなどと言われた時に返済し続けることが難しくなるなどの影響はあります。

何らかの理由をつけて働き続けるか、正直に打ち明けて仕事をやめ、配偶者の収入から借金を返済してもらうなどは考える必要があります。

債務整理 結婚

また、債務整理をすると手続きの種類によって5年から10年ほど新しいローンを組めなかったり、クレジットカードを作れなくなります。

いわゆる信用情報機関のブラックリスト入りする問題です。

夫婦連名で住宅ローンを組む際に審査に通らないなどの弊害が出る可能性がありますので、その点についても考慮しておかないといけません。

債務整理後の返済の問題、またブラック入りする期間にローンが組めない問題がありますが、これらについて問題がなければ結婚前に債務整理をしても何の影響もないと言えるでしょう。

そもそも借金を返済が難しいほど抱えたまま結婚する方が問題で、債務整理をしなくても上記の問題は出てきます。

そういう意味でも結婚前に債務整理をする弊害はほぼないと言え、むしろ結婚前に借金を整理して、身ぎれいな状態で結婚したほうがメリットは大きいことが多いでしょう。


債務整理したことが結婚相手にバレない方法

債務整理 結婚

結婚前に債務整理をする場合、相手に秘密で手続きを行いたい人が多いと思います。

結論から言うと、弁護士に依頼して手続きすれば、婚約者や家族に内緒で債務整理をできます。

弁護士とのメールのやり取りを見られたり、あとをつけられて弁護士事務所に入っていくところを見られるなど、絶対にバレないということは言い切れませんが、少し注意すれば婚約者に債務整理したことがバレる可能性はかなり低いといえます。

弁護士に債務整理の手続きを依頼すると、弁護士はまず債権者に通知をして、以降は一切督促がなくなります。

債権者は、電話も郵便物でも督促ができなくなりますので、滞納していたとしても督促をされることなく、これにより家族にもまずバレずに債務整理の手続きを粛々と行うことができます。

債務整理 結婚

任意整理の場合、各金融機関と交渉することになりますが、その際の交渉は弁護士が行ってくれるので、債務者本人はやり取りする必要がなく連絡が来ることはありません。

手続きを自分で行っていると、その間も債権者からの督促は止まりませんし、手続きも複雑で調べ物や外出の際にバレる可能性も出てきます。

バレるバレないの問題以前に、素人が独力で債務整理をするのは非常に厳しいので、弁護士などの専門家に依頼するべきですが、親しい人に内緒で債務整理をしたいという人はなおさら弁護士に債務整理の手続きを依頼する必要があります。

無料相談できる弁護士事務所を探す


名字変更すると過去の債務整理はリセットされるか

債務整理 結婚

債務整理を結婚前にして、結婚して名字が変わることで信用情報機関のブラックリストなどの情報がリセットされるという噂もあります。

名字が変わることで信用情報機関の情報がリセットされるなら、ぜひ結婚前に債務整理をしておきたいですよね。

しかし、これはかなり昔の話で、今は名字が変わったからといって信用情報機関の情報がリセットされることはありません。

クレジットカードや消費者金融では旧姓を書かせたり、免許証から旧姓の債務情報を調べたりと、名字が変更しても金融機関は旧姓時の債務情報や信用情報を調査することができるようになっています。

変に名字が変わったことを隠してローン申込やクレジットカード申込をすると、後で発覚した時に大きなトラブルとなることがあります。

金融機関との信用問題でもありますので、過去の債務整理歴などを聞かれたら正直に答える必要があります。

このように、名字が変わっても過去の債務整理や滞納歴などのブラックの状態はリセットされませんので、きちんと喪に服してブラック解除されるまでの期間が経過するのを待ちましょう。


結婚後まで債務整理を待つデメリット

債務整理 結婚

結婚してから借金があることを告げて債務整理をしたいという人や、結婚してから債務整理をしたいという人もいます。

上述した通り、債務整理は本人だけに影響のあることですので、自分が債務整理をしたからといって、配偶者の信用力が落ちるなどはなく、債務整理をすることによる配偶者への影響は極めて限定的です。

また、借金は旧姓名義のままでも債務整理をすることができます。

このようなことから、債務整理をするのを結婚後にしても、結婚前に債務整理をするのと大きな違いはないといえます。

ただし、自己破産をする場合には20万円を超える資産は差押えられることになります。

差押えの対象は基本的には本人名義の資産だけですが、結婚したことで共有名義の資産がある場合はそちらも差押えの対象となります。

影響が大きくなる可能性がありますので、債務整理するなら結婚前にしておいた方が賢明といえます。

結婚後に債務整理したことがバレた場合には、それだけを理由にして離婚事由とすることはできません。(結婚生活を継続するのが困難になる可能性はあります。)

秘密で債務整理をして生活するか、結婚前に債務整理することを打ち明けるかは非常に繊細な問題で明確な答えはないでしょう。

ご自分の事情、相手との関係性や婚約者の方の人間性なども考えて、慎重に判断をする必要があります。


まとめ

債務整理 結婚

債務整理と結婚の関係を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 債務整理中でも結婚に影響はない
  • 債務整理をしたことで制約ができる恐れはある
  • 弁護士に依頼すれば家族にバレずに手続きできる

債務整理をしても結婚することはできますし、配偶者の信用力が落ちるということもないので、債務整理することで結婚の弊害となることはまずないと言えます。

ただし、債務整理をすると一定期間クレジットカードローンの審査に通らなくなります。

また、返済を続ける場合には、仕事を続けるか配偶者に返済をお願いするかしないといけないので、仕事をやめて家庭に入ってほしいと言われた時は借金があることを打ち明けないといけません。

そういう意味で結婚後の生活に多少の制約が出てしまう可能性はあります。

債務整理 結婚

ただ、債務整理をしないと、後からトラブルが大きくなり、結局配偶者に迷惑をかけることになります。

結婚前に借金問題で悩んでいる状態であれば、結婚をする前に債務整理をした方が影響が少なくすむケースの方が多いです。

債務整理を絶対にした方が良いとはいえませんが、専門家に相談をした方が良いのは間違いありません。

今は債務整理について全国対応無料相談できる弁護士事務所があります。

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所への無料相談の詳細はこちら

弁護士法人サンク総合法律事務所※旧樋口総合法律事務所への無料相談の詳細はこちら

無料相談できる弁護士事務所を探す

自分にどんな選択肢があって、それぞれどんな影響が出るか把握することができるので、借金問題は専門家に相談するのが一番です。

結婚前に債務整理で悩んでいる人は、まず専門家に相談してみてください。

債務整理 結婚

なお、ネットで無料匿名40秒ほどで借金をいくら減らすことができるか診断する無料シミュレーションもあります。

借金がいくら減るか無料診断してみる

いきなり弁護士事務所に相談するのは気が引けるという人は、まずこちらを利用してみて借金がいくら減らせそうか調べたり、簡単な借金問題の相談もできますので利用してみてください。


おすすめの法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所※旧樋口総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所は、豊富な相談実績と丁寧な対応が評判の借金問題解決のプロフェッショナルです。

月に600件以上の相談実績があり、借金問題に関する経験とノウハウが豊富で、債務整理の際は信頼できるパートナーになります。

全国対応無料相談も実施していますので、借金問題に悩んでいる人はまず相談してみてください。

弁護士法人サンク総合法律事務所へ



東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所※旧岡田法律事務所は、相談だけなら何度でも無料になっていて、土日祝日も相談対応しています。

借金問題を10,000件以上も解決してきた実績のある、経験やノウハウが豊富な弁護士事務所です。全国対応で出張面談を必ず行ってくれるので、地方の人でも安心して相談できます。

借金問題に強い弁護士でありながら、弁護士費用が相場よりも安い点も嬉しいポイントです。

東京ロータス法律事務所へ